200日移動平均線は非常に有効な移動平均線

200日移動平均線は移動平均線の中でもかなり長い部類に入ります。

これは長期的に弱気の相場にいるのか、あるいは強気の相場にいるのかを見極めるのに役に立ちます。

日足のロウソク足が、200日移動平均線よりも下にあれば基本的に売られやすい弱気の相場にいることを示し、戻り売りがワークしやすいと言えます。

また日足のロウソク足が、200日移動平均線よりも上にあれば基本的に買われやすい強気の相場にいることを示し、押し目買いがワークしやすいと言えます。

200日移動平均線の下にいても上にいても、実勢値が200日移動平均線から乖離すると、200日移動平均線のある水準に戻そうとする動きが出ますので、その点は注意が必要です。

200日移動平均線より上にいる期間と下にいる期間の長さが、どちらかに偏ると、より長くいる期間の方向にバイアスがかかっていることが分かります。

たとえば、日足の実体が200日移動平均線の下から上に移行すると、それまでの相場つきであった弱気相場から、強気相場に移行することになります。

したがいこの時期は、相場の見方を大幅に転換する必要性が出てきますので、柔軟な対応が必要になります。

日足でお話しましたが、たとえば、1時間足での200時間移動平均線、週足の200週移動平均線、月足の200ヶ月移動平均線など、いろいろな期間で応用が可能です。

b044

米ドル円は112円台です。

結局大きく動くこともなく3月末を迎えました。

アメリカでは今年何度も追加利上げがあると予想する向きも多かったのですが、4月に利上げされると予想する人はほとんどいなくなりました。

また今年上半期に、利上げすると予想する人も少数派です。

アメリカの追加利上げ期待が米ドル円を支えていた側面があるだけに、期待がだいぶ低くなったことを受けてやや米ドル安方向に動いています。

テクニカル分析の観点では、2月の暴落以降およそ112円~114円を中心とするレンジ相場が続いています。

一時的にレンジからはみ出ることはありましたが、すぐにレンジに戻るためドル買い派から見れば「非常に重苦しい」、ドル売り派から見れば「非常に粘り強い」相場となっています。

今後の重要なポイントとしましては引き続き、上方向は113円台~114円手前の水準。

強力な上値抵抗帯が出来ており、なかなか超えることができませんが、もしも突破できれば円安方向への戻りがまた一段と加速する可能性が高まります。

ただ現状先々週にレンジを下方に一時的にブレイクした後、レンジ内に戻ってきただけで下方へのリスクも抱えた状態との見方になります。

それゆえ4月にもしも再度下方への動きが再燃しますと、次回こそは下方への動きがかなり拡大する可能性が高まります。
今日のバイナリーの取引結果になります

4勝1敗 130000円でした!

t038
究極の投資法に興味のある方は是非メルマガ登録してくださいね!s

メルマガではブログには書けない究極の投資法の詳細をお届けしてます!

メールアドレス (必須)

理由が後からついてくる

相場が既に動き出した後に、それを追うように動き出した方向をフォローするニュースや経済指標発表が舞い込んでくることがよくあります。

このことをディーラーの間では「相場が先にあって理由が後からついてくる」と言います。

私自身も何度も経験をしていますが、不思議なものです。

あえて言えば、多くの人がチャートから同じような方向感を持つことになり、実際に多くの人がその方向感に従って、ポジションを張るあるいはアゲンストになる可能性のあるポジションを手仕舞おうとするため、相場が早めに動くのではないかと思われます。

こうしたポジション移動が生じることで、相場が理由より先行して動いてしまい、それを追認する形で理由が後からついてくるのではないかと見ています。

特にアゲンストになる可能性があると感じた時は、沈没する船から事前にねずみが群れを成して逃げ出すような本能的な危機意識ということも絡んでいるのかもしれません。

「相場が先にあって理由が後からついてくる」を経験すると自分に先を読む脳力があるのではないかと思いたくなるものですが、確かに大方の人にはこの予知能力があるものと見ています。

ただその予知能力を「気のせい」として、自ら否定してしまっていることも多いように思われます。

やはり、自らの予知の能力も信ずることも必要です。

b043

昨夜はアメリカのFRB議長の発言が注目されました。

アメリカは昨年ゼロ金利を解除して利上げを実施。

今年は何度か追加利上げをするだろうというのが一般的な見方でした。

昨夜のFRB議長の発言は、ひと言でまとめれば利上げについて「慎重に進める」。

つまり一般的に想定されているよりも利上げの回数が少ない、もしくは後ずれするとの思惑が強まり、ドルが下落しました。

テクニカル分析の観点では、重要な上値抵抗帯として位置付けていた113円台~114円近辺で上方向への動きを抑えつけられた形となりました。

今後の見通しとしましては引き続き、上方向は113円台~114円手前あたりが非常に重要でもしも上抜けることができれば、一段と円安への戻りが加速すると考えます。

一方で112円台から下方へ崩れますと、逆に円高への動きが加速します。

そしてその場合先々週のように簡単には戻ってこれなくなるおそれがあります。
今日のバイナリーの取引結果になります

5勝1敗 175000円でした!

t037
究極の投資法に興味のある方は是非メルマガ登録してくださいね!s

メルマガではブログには書けない究極の投資法の詳細をお届けしてます!

メールアドレス (必須)

相場というのは一寸先は闇 

相場を張るということは「一寸先は闇」とされる将来を予測し、そして利益を追求するということですから、そう簡単な事ではないことは容易にわかります。

もちろん山勘で当てるわけではなく、テクニカル分析を駆使したりまた人によっては、ファンダメンタルズ分析も使って少しでも予測の精度を高めようとします。

こうした分析によって可能性が最も高いと思われる将来を描き、実際にポジションを張ることになります。

ここで大切なことは自分を信じることと、そして自分の判断が誤っていた場合の見切りをつけることとのバランスです。

自分を信じられなければ、ポジションはキープできません。

反面100%相場が的中する保証はなく、場合によっては持っているポジションに見切りをつけることも必要です。

ポジションを継続して持つか見切るかの私なりの見極めどころは、ポジションを持っていることがどうも落ち着かなかったり、しっくりこない時は見切り時だと思っています。

つまり固執を避けることが重要だと思います。

b042

昨日米ドル円は114円手前まで円安が進む場面がありました。
しかし113円台後半~114円付近では上昇を阻む作用が強く、圧し戻されました。

現在も再度114円にトライしようかという状況です。

この約1週間で111円から113円へと値幅2円ほど円安が進みました。

今週強力な上値抵抗帯となっている114円近辺の水準を突破する状況になれば、
さらに円安に弾みがつく可能性が出てきます。

その場合具体的には少なくとも116~117円あたりへの回復が見込めるのではないかと考えます。

今日のバイナリーの取引結果になります

4勝2敗 80000円でした!

t036
究極の投資法に興味のある方は是非メルマガ登録してくださいね!s

メルマガではブログには書けない究極の投資法の詳細をお届けしてます!

メールアドレス (必須)

ボトムフィッシングに注意

ボトムフィッシングとは、押し目買いのことです。

このように英語の用語でも、押し目買いを意味する言葉があります。

人間心理の中では相場が下がれば、その後戻すと考えるのが普通のようです。

そして底で釣り上げる、言い換えればできるだけ安いところで買うという行動に出やすいということだと思います。

ただボトムフィッシングがうまく行く時と、行かない時があります。

ある一定の値幅のなかで上下するレンジ相場では、ボトムフィッシングはうまくいくことが多いかと思います。

しかし下落方向に一方的に動く下落トレンドでは、ボトムフィッシングは命取りになることがあります。

この辺が底だろうと値頃感から買い下がったところが、相場が下落トレンドにあって急落してしまうとドンドン損失は膨らみます。

こうなるともう踏ん切ってロスカットするしかありません。

それを躊躇すると本当に取り返しがつかなくなることがありますので、十分な警戒が必要です。

そうしたことにならないようにするためにも、今の相場がレンジ相場かトレンド相場かを見極めることが必要です。

b041

米ドル円のこれまでの大きな流れとしましては、2月に暴落した後およそ112~114円台を中心としたレンジで踏ん張っていて、先々週そのレンジからさらに下方に崩れる兆候がでました。

そこでなんとか踏ん張って、先週はまたそのレンジに戻ってきたところです。

特にこの3月の値動きについて円高派と円安派の激闘として、例えるならば今月初旬は「円安派」が優勢に試合を進め、クリティカルポイント(114円近辺)を何度も攻撃。

しかし突破することは出来ず攻め疲れてきた頃の先々週、「円高派」がFOMCに乗じて強烈なパンチを繰り出し、下方のクリティカルポイント(112円台)をブレイク。

そのまま一気に110円割れへ持って行くのか注目されましたが、円安派が粘りに粘って土俵中央にあたる113円近辺まで押し戻しました。

両者相譲らずの状況といえるでしょう。

テクニカル分析の観点で見てみますと現状大きな変化はありません。

下方にブレイクしたと思われた状態から一旦もとのレンジ相場に戻ってきたところですので、今週も引き続き下方への動きがいつ強まるか予断を許さない状況との見方ができます。

週明けの月曜日は欧州などではイースターでお休みの国も多く、出だしは穏やかかもしれません。

今週はちょうど期末ということで、期末直前あるいは期末を超えてから相場が動き出すシナリオは考えられると思います。

一方気になるのは相場の潮流が、下向きというわけではなくむしろ先週の粘りによって上向き底堅く推移しています。

結局のところこの113円台から114円近辺にかけての非常に重たいゾーンを超えられない限りは、方向性は下向き。

超えてきた場合はドル売りは一旦撤退というのがオーソドックスな戦術になるかと思います。
今日のバイナリーの取引結果になります

5勝1敗 157500円でした!

t035
究極の投資法に興味のある方は是非メルマガ登録してくださいね!s

メルマガではブログには書けない究極の投資法の詳細をお届けしてます!

メールアドレス (必須)

ポジションを持っても、持たなくてもゆれる心

ポジションを持つといろいろな感情が心の中をよぎります。

もちろん儲けたいという欲望もあります。

それ以上にここで相場に乗り遅れたら、儲け損なってしまわないかという恐怖のほうが自分を追い込みやすいです。

ここで損切ったら相場が元に戻してしまい、自分だけ馬鹿を見るのではないかという恐怖から損切れないということもあります。

あるいは相場観を大幅に変更するために倍返しすることが、それまでの相場観で踏ん張ってきた自分自身を否定するだけでなく、新しい相場観に変えたことで返って損失を出してしまうのではないかという恐怖もあります。

そのような恐怖は自分だけが心に抱くものではなく誰しも思うことです。

どの場合も不確実な将来に対する選択肢の中から、どれかを自分で選んで実際に売るなり買うなりあるいはポジションスクエアにするわけですから、決断をためらう気持ちも分かります。

私の経験から言いますと現状を維持することよりも決断し行動する方が、良い結果を生むことが多かったと記憶しています。

どうしてもわからない時は無理をせず、ポジションをスクエアにして頭を冷やすことが肝心です。

すべての相場にフル出場する必要はありません。

自分を追い込むのではなく自分の心中からポジションを持ちたいという気持ちが湧いた時が、再び相場を張るタイミングだと思います。

b039

米ドル円は昨夜113円手前まで円安が進む場面がありました。

しかし押し戻されて、昨朝はほぼ同じ112円台前半の水準でしたが再度昨夜と同じ水準まで円安が進みました。

昨夜も先ほども抵抗帯によって、上昇の動きがしっかり食い止められた形になりました。

本日以降の短期的な見通しとしましては、再度また113円に向かって、円安への戻りをトライする可能性は残されていると思います。

しかしそのあたりの抵抗帯が非常に重く、跳ね返されて来週または来月あたり、どこかで一段と円高が進む局面がやって来るというのが現時点でのメインシナリオです。

今日のバイナリーの取引結果になります

5勝1敗 175000円でした!

t034
究極の投資法に興味のある方は是非メルマガ登録してくださいね!

メルマガではブログには書けない究極の投資法の詳細をお届けしてます!

メールアドレス (必須)

相場での災い転じて福となす

相場の平時ではテクニカルな分析方法が良くワークしますし、マーケットの流動性も高く円滑に取引ができます。

ただリーマンショックや震災のような世界を震撼とさせるような事態、つまり有事になると、値動きが平時よりも何倍も大きくかつ激しくなり、テクニカルな分析方法がワークしなくなることすらあります。

マーケットの流動性も大幅に低下し、たとえばアゲンストのポジションを切りたくても切れなくなることも発生することがあります。

有事の際は平時より大掴みで相場を見ることが大切です。

つまり平時で見ているチャートよりも、もっと長めのチャートを見ることが必要になります。

なぜなら平時で数日、あるいはもっと長い時間を掛けて動く相場が、1日あるいはもっと短い時間で動いてしまうため、1時間足より短いチャートでは、全容が掴めなくなります。

そこで4時間足、8時間足、日足、週足、月足と、より長めのスケールで見てみることで、全体を俯瞰することが大事になります。

有事では平時よりも、数倍早く決断し行動に移すことが求められます。

具体的には、ロスカットや倍返しの決断に躊躇はしないことが肝心です。

平時の時から、有事発生時にするべきことにプライオリティーをつけて、有事の準備をしておけば、無防備で有事を迎えるよりも怪我は軽くて済むばかりでなく、収益チャンスに変えることも可能です。

b038

米ドル円の反発メドとして反発メドは112円台から、最大で113円台までとお伝えした通り、これまでのところ先週の急落に対する反発としては想定通りといってよいのではないかと思います。

ここからはだいぶ上値が重たい、つまり円安の動きが鈍くなりやすいのではないかと見ています。
今日のバイナリーの取引結果になります

4勝2敗 80000円でした!

t033
究極の投資法に興味のある方は是非メルマガ登録してくださいね!

メルマガではブログには書けない究極の投資法の詳細をお届けしてます!

メールアドレス (必須)

ビタ1銭上がらずとは

ニューヨークにいた頃友人の紹介で、あるファンドの創業者でありファンドマネージャーと、飲んだことがありました。

見た目はジョン・レノンのような人でした。

彼は為替のマーケットでかなりアクティブに動いているようでしたが、その彼ですらドル/円のマーケットの厚みには驚いたと言っていました。

ある時彼はドル/円の上昇を狙って買いを入れたそうです。

いくら買おうとしたかというと10億ドル、いわゆる1000本という大量の金額でした。

しかし買い終わるまで、ビタ1銭上がらず同レートで1000本すべて買えたそうでこれにはたまげたと本人も言っていました。

つまり本邦輸出企業のドル売りとは、これぐらいの威力のあるものだということです。

しかも彼は、ドル/円が上昇したら売って利食うか下落したら売って損切るかいずれにしても、反対取引で損益の確定をしなければなりません。

一方、輸出企業は、製品輸出の代金として受取ったドルを円に換えるだけですので、ドルを売ってしまえば為替取引は完結してしまいます。

なのでマーケットに残るのは、彼の大きなドルのロングポジションということになりますので、下落のリスクが急速に高まります。

このエピソードからも、基本的には、ドル/円がいかにに需給相場であるかがお分かりいただけるかと思います。

Signs for the dollar, euro and other currencies are seen at a currency exchange shop in Hong Kong November 1, 2014.    REUTERS/Damir Sagolj

米ドル円は先週また円高方向に動き出しましたが、昨日はやや反発して112円近くまで戻しましたが、ブリュッセルでのテロの報道かr再度111円台に入っています。

本日以降も112円台~113円台あたりまでは反発の流れが続く可能性があると思います。

ただ、チャート分析の観点では、そのあたりが重たい抵抗帯となっており、それ以上の反発を阻むポイントになりそうです。

今日のバイナリーの取引結果になります

4勝2敗 80000円でした!

t032
究極の投資法に興味のある方は是非メルマガ登録してくださいね!

メルマガではブログには書けない究極の投資法の詳細をお届けしてます!

メールアドレス (必須)

頭としっぽはくれてやれの意味とは

限られた値幅の中での上下する相場がレンジ相場であることは、ご存知の通りです。

レンジ相場は一方向に力強く動いたトレンド相場がエネルギーを放出しきってしまい、エネルギー補給のために限られた値幅の中で充電しているというイメージで見ています。

レンジ相場から放電のトレンド相場に、移るには結構な時間を要します。

レンジ相場は動き出しそうな思わせぶりな動きをよくします。

その思わせぶりに惑われ思わずポジションを持ってしまい、結局やられてしまうこともよくあることです。

しかし実際に一方向へ動き出すには、自分で思っている以上に時間が掛かると見ておくべきかと思います。

本当にレンジ相場が熟して、新たなトレンド相場に移行するかを見極めるには、日足で、日々の値幅が収束してきているかをチェックすることが大事です。

値幅の収束が進みさらに上下にヒゲを出しながらも、寄り付きと引け値の幅が狭くなるいわゆる寄せ線が出現すると、レンジを上下のいずれか一方向に動きだすレンジブレイクのタイミングが近づいている可能性が高まります。

レンジブレイクがダマシである場合もありますので、少しぐらい相場に乗り遅れても良いと思っています。

なぜならトレンド相場は、多少のエントリーの遅れがあってもそれを補って余るほどの値幅で動くためです。

トレンド相場は「頭としっぽはくれてやれ」という気持ちで対応するのが良いと思います。

b036

米ドル円は先週末一時的に110円台へと円高・米ドル安が進みました。

今週も非常に厳しい情勢が続くと見ています。

2月の円高について振り返りますと、110円台の円高状態は一時的なものでした。

そこまで円高が進んでも、すぐに反転して112円以上を回復しました。

しかし今回は2月とはまた状況が異なると見ています。

2月の円高は大幅かつ急速に円高が進んだ結果、その勢いでそのまま最終的に111円台に突入したという流れでした。

今回は先月の円高局面が一旦終わった後、112円台以上の水準で粘ってレンジ相場に移行していたのですが、それが崩れてしまった形になっています。

つまりまた新たな円高局面が始まった可能性があり、仮にそうであるならばその初期の段階です。

素直に見るならば、れからしばらく、円高局面が続くであろうとの見方になります。

先週金曜日は急落後に反発しましたので、週明けもその流れが続くとすれば、反発メドは112円台から、最大で113円台まで。

特に112円台半ば~113円台にかけては、やや重たい抵抗帯が位置していると見ています。

一方で、今週から来週以降にかけて円高が予想通りに加速した場合、ずばり108円~107円台へ達する可能性があると見ています。

米ドル円が下落していますので、EUR/USD相場も米ドル安に動いています。

そのためユーロ円は、さほど円高にならずに踏ん張っています。

ユーロ円は現状、先月の暴落後の反発の流れが崩れるには至っていません。

ただ目先、ちょっと意識したい重要ポイントがあり、それは125円台後半の水準。

そのあたりが目先の下値サポート帯となっており、米ドル円の円高が予想通り加速するなどして、ユーロ円も引きずられてそのサポート帯を割り込んだ場合123円近く、すなわち先月の安値圏にまた戻ることになると考えます。

今日のバイナリーの取引結果になります

4勝2敗 80000円でした!

t031
究極の投資法に興味のある方は是非メルマガ登録してくださいね!

メルマガではブログには書けない究極の投資法の詳細をお届けしてます!

メールアドレス (必須)

思い込みによる行き過ぎたポジションや反動について

マーケットの参加者は余程のことがない限り「この相場上がるしかない」とかあるいは「下がるしかない」と思い込むことはありません。

いったんマーケットの多くの参加者が「上がるしかない」あるいは「下がるしかない」と思い込むと相場は猪突猛進することがあります。

たとえば米雇用統計のような経済指標が、予想より大きく上ぶれたり下ぶれたりした時や、米FRB議長やECB総裁が予想外の見解を示した時などは、急速に思い込みが強まりあっという間にポジションは一方向に偏ります。

思い込みが投機筋中心であった場合は、思い込みの反動も大きくなります。

ニューヨーク時代のことですが、ある日なにも前触れもなく突然ニューヨーク連銀がドル/円の売り介入を実施したことがありました。

虚を衝かれたマーケットはパニックとなりドル/円は売られ、次に始まった東京までには介入時点の水準から5円も急落しました。

マーケットは突然のことに売り遅れたと見え、その後戻り売りとなりましたがそれによって、急速にポジションはドルショートに傾き相場は下がらなくなって、逆にジリ高となりました。

その結果買戻しが出ることとなり、ショートの損切りに一時介入のスタート点を上回るまで戻してしまいました。

このように投機筋が思い込んでしまった時は、その反動の方が大きくなることがありますので注意する必要があります。

b033

米ドル円は昨日から111円台に突入しています。

いよいよ大きく動き出すかもしれません。

米ドル円のチャート分析の観点において、昨日の朝非常にわずかながらいくつかの為替データにおいて売りシグナルが点灯しました。

昨日は朝の売りシグナル点灯後に、113円近くまで戻る場面がありましたが午後から円高に傾き一時的には110円台も記録。

状況的には非常に厳しいです。

チャート形状がかなりきれいな形で下向きを示唆しており、非常によろしくありません。

一時的に反発するかもしれませんが、その場合は112円台半ばか113円台あたりが限界ではないかと見ています。

今回の円高は、2月の円高よりも厳しいものになる可能性が高く、円高メドはずばり108円~107円台あたり。
今日のバイナリーの取引結果になります

5勝1敗 175000円でした!

t030
究極の投資法に興味のある方は是非メルマガ登録してくださいね!

メルマガではブログには書けない究極の投資法の詳細をお届けしてます!

メールアドレス (必須)

自分自身で調べて知識として頭に刷り込む

相場と取り組むといろいろ相場の仕組みや用語でわからない言葉が出てくるものです。

私のような数十年もディーリングばかりしてきた人間でも、新しく相場に加わってきた言葉の中にはわからない言葉やあやふやな言葉はあります。

一昔前であれば「今更もう人には聞けない」と調べるのに随分苦労したものです。

でも今はインターネットという強い味方がいます。

私にとってはインターネットは自分専用の図書館であり辞書です。

相場では新しい用語が出てきて、しかもその用語わからないとその時点の相場がわからなくなる場合があります。

たとえば、「非不胎化介入」という用語などはその意味がわからないと相場がわからなかった典型的な用語だったと思います。

この意味もインターネットで検索すればすぐにわかります。

相場の仕組みや用語を知ることで、相場の次の展開がより明確に見えてくることがああるので、聞きなれないままにしておかないで理解しようとすることが大切です。

またわからないことを、「人に聞く」ということと「自分で調べてみる・学ぶ」ということの間には、大きな違いがあります。

知識として自分の頭の中に刷り込むにはやはり「自分で調べてみる・学ぶ」ということが大事だと思います。
b032

米ドル円は重苦しい状態です。

長らくレンジ相場が続いていると指摘しておりますが、昨日も114円手前まで上昇したもののそこでしっかり頭を抑えつけられて反落。

アメリカの金融会合においてそれほど利上げされない見通しが明らかとなり、米ドル円も急落しました。
すでに112円を割り込み終値ベースでレンジ内に戻れなければ下方へ大きく動くことが予想されます。

その際には110円を割り込む可能性があることを想定していたほうが良いかと思います。
今日のバイナリーの取引結果になります

5勝1敗 175000円でした!

t029
究極の投資法に興味のある方は是非メルマガ登録してくださいね!

メルマガではブログには書けない究極の投資法の詳細をお届けしてます!

メールアドレス (必須)