自分の感覚に素直であれ

これはかなり直感的な話で、ついてこれない話かもしれません。

私は利食いをする時パッと見たレートが「ああ、これいい」と思ったら、利食うことにしています。

時には利食ったあとさらに大きくフェーバーな方向に、行ってしまうこともありますがそれには熱くならず、また次があるさと割り切ることにしています。

それよりも「ああ、これいい」と思いながらそこで「いやいや、自分の目標はまだ先じゃないか」と欲をかいてしまうと、折角の良い利食い場を逸してしまうことのほうが経験的に多かったように思っています。

逆にアゲンストな時も値動きから見て「これは、まずい」と思ったら、ストップロスのレベルまで待たずに、さっさとポジションを切ることにしています。

自分の感覚に素直であることが利益を増やし、損失を減らす秘訣だと思います。

熱くなったり欲をかいたり自分の相場観が実際の相場と異なっていることを率直に認めないことは、決して良い結果を生まないと思います。

言うは易くやるは難しかもしれませんが、自分の感覚を信じることは大切です。

b101
為替は現在は106円近辺ですが、円高の流れが続いています。

昨日は約105.6円まで円高が進む場面がありました。

今年の円高値が約105.5円ですから、厳密にいえば、まだ年初来安値は更新していません。

この点もひとつ、注目点になると思います。

ただ終値ベースではゴールデンウィーク中に記録した安値を明確に下回ってきましたので、流れとしては下向きで引き続き、最大102円あたりを目指して下落が拡大するリスクを抱えた状態との見方を維持します。

EUから離脱するかどうかで揺れているイギリス。

EU離脱派が優勢との報道が相次ぎ、英ポンドが一段と下落。

目先の下落ターゲットとして掲げていた「148円」までもうあと少しです。

チャート分析の観点では、そのあたりが節目になっていますので、さすがにそろそろ一旦は下げ止まる動きもあるのではないかと思われます。

ユーロ円も下落が止まらず、118円台です。

これももう少し下がる余地はあるものの、短期的にはそろそろではないかと見ています。

豪ドル円がいよいよ今月初めて77円台まで下がってきました。

豪ドル円については、これまで長らく豪ドル安の予想を掲げて、75円台突入もとの見方をしてきましたが、昨日のブログ記事でも書きましたように73円あたりへと豪ドル安が拡大する可能性もある状況と考えます。
今日のバイナリーの取引結果になります

4勝0敗 150000円でした!

t091
究極の投資法に興味のある方は是非メルマガ登録してくださいね!

メルマガではブログには書けない究極の投資法の詳細をお届けしてます!

メールアドレス (必須)

武者震い

今まで震えるなどと言うといくじがないようで誰にも話しませんでしたが、極度の緊張と興奮からディールの後、手の震えが止まらなくなったことが何度かありました。

あれがたぶん武者震いだろうなと自分では思っています。

ロンドンから東京に移り、ロンドン支店より何十倍も大きな取引が飛び交う東京のディーリングルームで、ポンド/ドルディーラーの頃、そしてドル/円ディーラーだった頃に何度かありました。

当時のディーリングルームはブローカーからのプライスの提示もスピーカーを通して声で伝えられましたし、また直接ディーリングマシーンあるいは電話を使って他の銀行にたずねたプライスも、アシスタントが怒鳴るように伝えてきて、普通のときでさえ喧騒の中にありました。

そういうところに国内のお客さんからあるいは海外から、大口のプライスを聞かれ、そして出したプライスを叩かれ、それによって出来たポジションを、ブローカーを通じ、そして他の銀行を何行も呼んでカバーに入る時はそれは怒号の嵐となりました。

ヘタをすると10銭で何千万円のロスになるというリスクの中で、そのプライスで売買するか見送るかを即決していくことは、極度の緊張感と興奮に包まれました。

そして大口のディールを終えたとき、ふと自分の手が震えていることに気づきました。

ひとつの達成感と軽い疲れを感じながら震える手に恥じらいを禁じえませんでした。

b100
米ドル円は現在105円台の後半の水準です。

今月さらに円高が拡大するリスクも警戒する必要が出てきます。

具体的には最大で103円~102円台に突入することも想定しておきたいです。

ポンド円もEUから離脱すべきとの意見が増えており、もし本当にEUから離脱すればイギリス経済に悪影響があるだろうとの思惑から、ポンドが売られています。

今月1日は160円を超えていたのが、今朝はもう150円まで下落しています。

引き続き、短期的には最大148円もあり得ると見ています。

豪ドル円については今まで豪ドル安が加速して「76円~75円台へ向かう」可能性も考えられるといったことを書いてきましたが、過去1カ月ほど蓄積されている相場エネルギーがすべて噴射されるとすれば、73円台あたりへ急落するリスクも抱えた状態ではないかと考えます。
今日のバイナリーの取引結果になります

3勝1敗 62500円でした!

t090
究極の投資法に興味のある方は是非メルマガ登録してくださいね!

メルマガではブログには書けない究極の投資法の詳細をお届けしてます!

メールアドレス (必須)

儲け損なう恐怖

相場において注意しておかなければならないのは、「儲け損なう恐怖」から相場に入らないことです。

これは昔相場の大先輩から聞いてなるほどと感服した言葉です。

相場の恐怖には「損する恐怖」と「儲け損なう恐怖」のふたつがあります。

「損する恐怖」はストップロスを入れておけば、その水準が来れば自動的にロスカットされてなくなりますが、タチの悪いのは「儲け損なう恐怖」です。

今儲けなければいつ儲けるんだと自分で自分を煽り、思わずポジションを持ってしまうことがありませんか?

そうやって相場に入り痛い目にあったことはありませんか?

「儲け損なう恐怖」で気持ちが先走ってもいい結果は生みません。

焦りは禁物です。

相場はいつでもあるさと割り切って冷静でいることが大事だということを、この「儲け損なう恐怖」という言葉が私に教えてくれたと思っています。

ここ一番の時に相場で戦えられるよう、体力を温存すべき時は温存することが大事だと思います。

b099

ドル円は現在105円台の後半の水準です。

今週の見通しについて。

106円台半ばの水準が非常に意識されていましたが、あっさり割り込んでおります。

先週はその重要な下値サポート帯での攻防が何度か見られたものの、結果的にはしっかり下支えされました。

しかし106円台半ばを完全に下抜けるような事態になりますと、また一段と円高が急加速するシナリオが想定されます。

終値ベースで106円台の半ばを割り込んだ場合、105円はさしたる節目にならずに一気に103円~102円へと円高が進行するリスクが高まりますので要注意といえます。
今日のバイナリーの取引結果になります

4勝0敗 150000円でした!

t089
究極の投資法に興味のある方は是非メルマガ登録してくださいね!

メルマガではブログには書けない究極の投資法の詳細をお届けしてます!

メールアドレス (必須)

相場のストーリーを考える

相場に向かう時これからの相場展開がどうなっていくのか、自分なりのストーリーを組み立てることが大事です。

短期でもいいですし中期でも長期でもいいでしょう。

個人的には長期のストーリーから組み立てて、より短い期間にブレークダウンしていく方法が良いのではないかと思っています。

ストーリー組み立ての中心はマーケットが今何に注目していて、どういう相場展開をマーケットは期待しているかということです。

なぜなら相場とは何かに対する期待によって動いているからです。

したがってマーケットが最も注目しているテーマと、そのテーマに対してどういう進展をマーケットが期待しているかを、ストーリーの中に反映させなければなりません。

またストーリーを組み立ててみて話の筋書きに無理がないか、また本来重要なテーマなのにストーリーの中でそのことが欠落していないかも、チェックする必要があります。

しかも相場は生き物ですから話の途中で、新しいファクターが現れたり今までのファクターがなくなったりしますので、ストーリーは常に調整が必要になります。この調整が必要だと気づく時は相場がはずれ出した時です。

つまり今まで読みどおりに来ていたストーリーが、ある時からズレが生じる。

相場が当らなくなる時がなにか新しいファクターが加わってきたり、今まで構成していたファクターのひとつがなくなったことを示し、ストーリーの調整が必要になったことを知らせてくれます。

相場が当らなくなると今までのストーリーに固執することは危険です。

大幅なストーリーの変更、場合によっては根本的なストーリーの組み立て直しが必要になります。

それを必要とするかどうかは、自分自身のポジションがはずれ続けているかどうかで判断できます。

また自分なりのストーリーは、頭の中だけでイメージするだけでなく、書いてみることをお勧めします。

書くことで頭の中でイメージされたことが整理され、組み立てたストーリーが明確になります。

b098

ドル円は現在107円辺りの水準です。

昨夜の「106円台半ばの攻防」は結構危なかったのですが、さすがに一気に下抜けることはなく、一旦下支えされたといったところです。

したがいまして本日以降も下方向は106円台半ばの水準が非常に重要になってきます。

もしも再度その水準への攻防に入った場合次回以降は、本当に下抜けてしまうシナリオも考えられ、その場合短期的に円高がさらに急加速するシナリオも考えられます。

ゴールデンウィーク中の安値と今回いわゆる二番底を打って、上がっていくと決め打ちするのはちょっと気が早く、底抜けのリスクも一応頭に入れておきたい状況ではないかと思います。

逆に上方向の重要ポイントは現状107円台半ばあたり。

その水準を明確に超えてくればそのまましっかり108円回復へ向かい、今回の急速な円高からひとまず脱却すると考えられます。
今日のバイナリーの取引結果になります

4勝0敗 150000円でした!

t088
究極の投資法に興味のある方は是非メルマガ登録してくださいね!

メルマガではブログには書けない究極の投資法の詳細をお届けしてます!

メールアドレス (必須)

石橋をたたいて渡ってちょうどいい

トレーディングとは投機ではありますが、やはり投資でなければならないと個人的には思っています。

投資である以上はリターンがなければ投資とはいえません。

投資の対象とする相場は、もちろん不確実なものです。

しかし全く不確実か、やや不確実か、中立か、やや確実か、たぶん確実といった度合いに相場を色分けできると思います。

それでは投資的な投機は、どの水準以上なら入ってよいのかは、個人的には以下のように考えています。

手堅くやるのなら「たぶん確実」な時にしか、相場に入るべきではないでしょう。

しかしリスクを負う以上それなりのリターンを求めるのなら、「やや確実」であれば状況により相場に入ることもありだと思います。

しかし「中立」以下の状況はギャンブルになりますので投資とは言えず、そういう状況では相場に入るべきではないと個人的には考えています。

相場と長く付き合うには、慎重であるべきだと思います。

また勝った後あるいは負けた後の「後」は要注意です。

買った後は気が大きくなり欲も出て、もっと儲けようとトレーディングが大振りになり、折角手中にした利益を失ったり負けた後は、損失を取り戻そうと焦るあまりに、闇雲に相場に飛び込み損失を増やすことになりがちです。

トレーディングは、石橋をたたいて渡って、ちょうどいいと思います。

b097

現在の米ドル円は107円を少し割れた水準です。

先週6月1日にチャート分析の観点において、円高シグナルが点灯。

まずは107円台最大で106.4円に迫る、などと予想しました通り、その後あっという間に3円も円高が進んで先週末に本当に106.4円まで急落しました。

今週はとりあえず一旦底打ちして反発。

しかし一昨日、第1のターゲット107.9円まで反発したところが限界で、再び106円台まで下がってきたという流れです。

昨日のブログ記事で、今週これから107円を割れて106円台半ばの攻防に入った場合は要注意、などと書きました。

昨夜まさに106円台半ばの攻防に入って、その水準に下支えされて少し反発した状況です。

今後の見通しとしましても、一般的には105円などが節目として注目されがちですが、
それよりも106円台半ばの節目が重要と考えられます。

本日以降その節目では下支えされやすいと思われますが、万が一下抜けた場合今月中にさらに一段と円高が拡大する可能性も高まりますので要注意です。
今日のバイナリーの取引結果になります

3勝1敗 62500円でした!

t087
究極の投資法に興味のある方は是非メルマガ登録してくださいね!

メルマガではブログには書けない究極の投資法の詳細をお届けしてます!

メールアドレス (必須)

ドル円の典型的な下落パターン

ドル/円には大きく下げる場合の典型的なパターンがありますので、覚えておかれるときっとお役に立つと思います。

それは上昇過程でできた1つ目の山よりも2つ目の山が低い、いわゆる変形ダブルトップが完成した場合、下落に転ずる可能性がきわめて高い傾向があります。

特にネックライン(1つ目の山と2つ目の山の間の谷の部分の安値)が切れてくると、この典型的な下落パターンに入ったことが確認されます。

ネックラインが切れてくると、ドル/円にありがちな「上げはゆっくり下げは急」のパターンとなり、短期間に大幅に下落することになりますのでこのような地合では、押し目買いは大変危険ですのでくれぐれもご注意ください。

b096

円高予想がズバリ的中!

予想的中後の今週は少し反発するなどして小康状態です。

本日以降米ドル円の節目になりそうな水準としましては、円安方向は昨日もそうでしたが108円手前の水準、さらに円安に戻ったとしても108円台後半~109円あたりでは上値が重たくなると考えられます。

一方円高方向は106円台半ばの水準。

現在107円台ですからそこまではまだ距離がありますが、もし今週これから107円を割れて106円台半ばの攻防に入った場合は要注意です。
今日のバイナリーの取引結果になります

4勝0敗 150000円でした!

t086
究極の投資法に興味のある方は是非メルマガ登録してくださいね!

メルマガではブログには書けない究極の投資法の詳細をお届けしてます!

メールアドレス (必須)

相場の格言

「まだはもう」と見るべきか「もうはまだ」という相場の格言があります。

上げ相場で見てみますと「まだはもう」という相場は上値は重いが押しがなく、逆に下からのエネルギーが全く失せないような、つまり「真綿で首を絞めるような」上げ方をしている全く下がらない相場が典型的だと言えます。

まだまだ上げのエネルギーが溜まっていて、ガスが抜けていない相場ですので上昇余地があると見るべきだと思います。

ポイントは時間が長く、時間の割に値幅が狭い相場です。

一方「まだはもう」という相場は短期間に急騰して、どこまで行くかわからない、これは買わずにはおられないと思わず引き込まれてしまうような時にやってきます。

ポイントは時間が短く値幅が大きいという相場ですので「まだはもう」つまりクライマックスを迎える可能性がかなり高いと言えます。

この辺の見分け方はひとえに値動きで判断するものだと思います。

b095

「GW中の安値106.4円に迫る」との円高予想が先週ズバリ的中!

予想していた円高ターゲットに到達したため、今朝はとりあえず107円まで反発しています。

注目したいのがポンドの動向です。

EUから離脱するかの国民投票が6月23日に予定されています。

最新の世論調査ではEU離脱派がやや優勢ということで、本当にイギリスがEUから離脱して経済が悪化するのではないかとの憶測から、ポンドが売り込まれました。

まだ投票日まで日数があり、直前になれば現実的な視点から残留すべきと考え直す人が増える可能性もあり、現時点で私は五分五分と考えて良いかなと思います。

ですが今後も世論調査の結果に振り回されて、ポンドは激しく動きそうです。

今もっとも高リターンが狙える通貨と言ってよいでしょう。

今日のバイナリーの取引結果になります

3勝1敗 62500円でした!

t085
究極の投資法に興味のある方は是非メルマガ登録してくださいね!

メルマガではブログには書けない究極の投資法の詳細をお届けしてます!

メールアドレス (必須)

傷ついた時

相場で大きく傷ついたご経験を少なからず、皆様お持ちではないでしょうか。

大きく傷ついた直後どうにかして早くしかも全部取り返してやろうという気持ちを抱いたとしても、それは仕方がないことだと思います。

しかし今までの私の経験からするとその逸る気持ちですぐにポジションを持つよりも、いったん休み気持ちをリフレッシュさせ、新たな意欲が自然に湧いてくるのを待つ時だと思います。

私が中学生の頃だったと思います。

愛犬が外から足にぱっくり開くような深くて大きな傷を負って帰ってきたことがありました。

もちろん消毒もしてやり包帯もしてやりましたが本人は傷が自然にふさがるまで、何日も何日もじーっとしていました。

そして傷がふさがるとやっと普通の生活に戻って行きました。

愛犬の誰が教えたわけでもない野生の本能で傷を癒していく姿に、正直私は多くのものを学んだ気がします。

休むも相場という言葉があります。

その意味するところのひとつとして休むことで傷を癒し、次への活力を充電するという意味があるのだと思います。

私は愛犬の傷を癒していく姿を見て実は、それは自然界ではあたりまえにある姿で、ごく普通のことではないかと思っています。

休む時は休むというメリハリを持つことが大事だと思います。

b094

米ドル円について当初私は先週のうちに「まずは107円台へ突入」して、その後今週にはGW中の安値106.4円に迫るとのシナリオを描いていたのですが、すみませんでした。

先週金曜日の夜に107円台に突入した後もそのまま勢いがついて一気にGW中の安値に接近しましたね。

予想以上に速いペースで円高が進みましたが、いずれにしましても方向性および予想レートはドンピシャで的中しました。

GW中の安値106.4円に迫るまで我慢しようと、売りポジションを引っ張っていた方は、
先週後半の丸2日間で値幅3円もとれました。

トレードで利益を出された皆様、おめでとうございました!

今後の見通しについて。

とりあえず先週末の時点で、予想通りGW中の安値106.4円に到達しましたしそもそも2016年、当ブログが年始から掲げていた円高大予想105円にも再び迫っていますので、だいたい106円~105円の水準では、今回も円高の動きがひとまず止まりやすいのではないかと見ています。

今後の大雑把なシナリオとしましては、たとえば今回もこのあたり106円~105円台で止まって反発に向かって、投資家を油断させておいて、その次に105円から底割れを狙うような動きがあると、ちょっと要注意かなと思います。

現時点でその兆候が出ているわけではまったくありませんが、安易に二番底だと決め打ちするような戦略は、慎みたいかなという気がします。
今日のバイナリーの取引結果になります

3勝1敗 62500円でした!

t084
究極の投資法に興味のある方は是非メルマガ登録してくださいね!

メルマガではブログには書けない究極の投資法の詳細をお届けしてます!

メールアドレス (必須)

プレゼントの目録

利益は確定してこそ利益です。

ポジションが市場実勢レートで評価され利益として計上されても、ポジションを決済して確定しない限り本当の利益ではないわけです。

ポジションを持って評価益が出ていてもそれはいわば、相場の神様からのプレゼントの目録のようなもので、プレゼントそのものをもらったわけではないということです。

この評価益は確定してこそ、本当に手に入る利益だということです。

利益は確定してこそ利益です。

プレゼントの目録でなくプレゼントそのものを手にすることを心掛けることです。

腹八分を良しとすべきだと思います。

b093

米ドル円について。

こちらは現在108円台の半ば辺り。

昨日より若干ですが、円高に進んでいます。

本日は米国の雇用統計も予定されており、この先107円台まで円高が進む可能性は十分にあると考えます。

豪ドル円について。

先月末に一時的に80円を超えて、豪ドル下落シナリオが崩れたかと思いましたが、その後一昨日からの円高の流れに乗って、現在は78円台まで下がっています。

今のところ5月の安値圏を死守していますが、かなり厳しい情勢でこのまま下方への動きが加速するシナリオが考えられます。

具体的には75円前後(最大74円)もあり得ると見ています。

ユーロ円について。

ユーロ円についても月末に123円台後半から一時的に124円に乗った時は、もうダメかと思いましたがかろうじて上限の節目で止まって反落してきました。

この先円高メドはとりあえず120円割れ。

短期間で最大117円台もあり得ると見ています。
今日のバイナリーの取引結果になります

4勝0敗 150000円でした!

t083
究極の投資法に興味のある方は是非メルマガ登録してくださいね!

メルマガではブログには書けない究極の投資法の詳細をお届けしてます!

メールアドレス (必須)

ディーリングは心技体

長年やってきますと本当に「ディーリングは心技体」(「心」=精神力「技」=技術「体」=体力の三位一体)だなと思います。

大相場師、故是川銀蔵翁の「相場の心得その一よく寝ること」この言葉を私は座右の銘にしています。

ディーリングには健康であることが何よりも大切です。

体を壊していたりなにか精神的に疲れていると、思考能力が低下しますし集中力や粘りに欠けてしまいます。

30代の前半に耐久レースのような36時間ノンストップディーリングなどという、若さに任せた過激なことをしましたが、結局は思考能力は鈍るし集中力はなくなるわで、あまりいい結果にはなりませんでした。

そもそも儲かっていればそんな長い時間、ディーリングをする必要はないわけですから損していればとっとと止めて、違うことをして気分転換をしたほうがどれだけ損失は少なくてすみ、体力も温存できるかわかりません。

ディーリングにおける技はいろいろやってみて経験を積むことが大事だと思います。

航空会社のパイロットは一見、国内線より国際線のほうが腕がいいように思いますが、実は離発着の多い国内線のパイロットのほうが、腕が上だそうです。

繰り返しの経験の積み重ねが五感を磨いていくと思います。

また痛い目に合うことも必要だと思います。

痛い経験というものは痛かっただけによく記憶に残るものです。

ただし一度失敗したら何が原因がであったか、徹底的に突き詰めて決して忘れないこと、二度と同じ轍は踏まないぞと思うことが大事だと思います。
b092

米ドル円について。

チャート分析の観点ではもともと今回の円安メドは110円台後半~111円台前半あたりが、いっぱいっぱいと予想しており、先月後半の相場状況を見て「最大111円台後半の可能性も」といった見方をしてきました。

結果的には当初のターゲットゾーンまでが限界でした。

最大ターゲットまで達していれば、もう本当に限界ということで昨日の円高を自信をもって予測できていたと思いますが、その点は少し残念でした。

今後の見通しについて。

昨日の円高がやや急だっただけに、目先は少しは反発するかもしれません。

ただ短期的なトレンドも再び円高に向かおうとしており、具体的にはまずは108円から107円台へ突入する程度の円高が起こり得ると見ています。

そして最大でゴールデンウィーク中の安値、すなわち終値ベースでおよそ106.4円の水準に迫る(またはそれを少し下回る)展開を想定しておきたいところではないかと思います。
今日のバイナリーの取引結果になります

4勝0敗 150000円でした!

t082
究極の投資法に興味のある方は是非メルマガ登録してくださいね!

メルマガではブログには書けない究極の投資法の詳細をお届けしてます!

メールアドレス (必須)