他人の良い点は取り入れる

私がディーラーをしていた頃、金利関係の部署にアメリカ人のロバート(仮称)というディーラーがいました。

かなり儲けているディーラーでしたが、奇声を上げたり、突然大声で話し始めたりするため、皆、彼を遠巻きにしていました。

英米のディーラーの中では、こうしたエキセントリックなタイプは決して珍しくはありません。

私が、ニューヨークにいた頃にも、ある米銀でGBP/USDで勇名を馳せた女性米人ディーラーがいましたが、ディール中はずーっと絶叫しっぱなしで、ニューヨークマーケットでは有名でした。

しかし、その代わり、彼らの集中力と粘っこさは凄いものがあり、まさにチーターのように狙いを定めた獲物は決して見逃しませんでした。

何も奇声を上げたり、絶叫したりすることを真似る必要はないですが、彼らの集中力と粘っこさは学ぶべき点が多いと思います。

これに、日本人の美徳とされる潔さがうまく配合されると、自分の相場観と実際の相場が違っていれば、潔くいったんは撤退し、しかし、ここ一番では、集中力と粘っこさを持って、相場を追い続けるというメリハリの利いたトレードができるのではないかと考えています。

つまり、他人の良い点は、どんどん取り入れていくべきではないかと思っています。

b416

昨日は110円台後半まで円安が進みましたが、少し押し戻されて110円近辺の水準です。

今回の円安方向への反発について、次のように予想しました。

「具体的には110円台後半から111円台後半。
そのあたりを目指して、反発局面に入る」

昨日の日中には110円台後半まで円安が進み、私たちのターゲットゾーン(110円台後半~111円台後半)に入ってきました。

しかしそのターゲットゾーンの下っ面で、あっさりと円安の勢いが弱まって、110円近辺まで戻ってきたところです。

現状、短期的な円安方向へ反発する動きが、完全に終了したわけではなく、再度、ターゲットゾーンに向かう可能性は残されているのではないかと思います。

今夜はアメリカの重要な経済指標、雇用統計の発表があります。

特に何の問題もなく、雇用者数は増加し、賃金(時給)も増え、低い失業率が維持されていると思われます。

もし仮に、予想外に悪い内容が出て、ドル売り(円買い)が加速するようなら意識すべき水準は、109円近辺の水準。
109円台前半~108円台後半には比較的強めのサポート帯が形成されています。
そのサポート帯を万が一、下抜けると、円高の流れが急拡大するのですが、簡単に下抜けることはないと思われます。

今日のバイナリーの取引結果になります

4勝0敗 150000円でした!

t401

究極の投資法に興味のある方は是非メルマガ登録してくださいね!

メルマガではブログには書けない究極の投資法の詳細をお届けしてます!

メールアドレス (必須)