サマータイム等時間の切り替えはしっかりと把握しておきたいところです

またしても予想がズバリ的中して、ユーロ円もポンド円も急落しています。

ユーロ円はわずか1週間で本当に、123円へ到達しました。

またしても予想がズバリ的中しました。

ポンド円についても、ユーロ円と同じように急落すると警告してきました。

先週はまだ163~162円台でしたから、信じられないという読者の方も多かったでしょう。

現在は156円なので、この1週間で値幅7円も暴落しています。

問題の米ドル円はあれから反発と反落を繰り返すなどして、現在112円前後の水準です。

今週は、この安値圏で踏ん張ることを期待しており、今のところなんとか踏ん張っているようにも見えますが状況はかなり厳しくなりつつあります。

さらなる下落を示唆するシグナルも一部に出始めています。
目先の下値メドとしましてはまずは、先日瞬間的に記録した今回の最安値でもある111円割れ。

再び、その安値を目指す可能性があります。

そこで止まれば、短期的にはいわゆる二番底を打つような形になることも期待されがちですが中長期的には、そこで止まるとは思えません。

b015

毎年3月半ばに米国が、そして3月後半に英国が夏時間になります。

ロンドンにいた頃は夏時間になると、急に昼間が長くなったように感じがしてとても得をした気がしました。

長くて暗い冬から仕事を終えて帰ってもまだ明るい季節の到来は、本当に開放感があります。

1年で一番日の長い6月の夏至に向けて、昼間はどんどん長くなり夏至の頃には午後10時を過ぎてもまだ明るいんです。

この国のお母さん達はお子さん達に「日が暮れる前には帰ってきなさいよ」とは言えないなと変なところで納得しました。

ロンドンではゴルフは春から夏、そして秋に掛けてのスポーツですがゴルフ大好きの一部の日本人や韓国人のプレーヤーは、真冬でもやっていました。

凍ったグリーンにボールが直接落下すると、コーンという音と共に、ボールは高々とバウンドしたと聞いたことがありました。

いずれにせよ市場の開かれている時間や経済指標の時間も変わってくるので事前に把握しておく事が大切です。

 

t013