スティックするな

フレシキブルに思考を変化させなければ、相場の世界では生きていけません。

スティック、棒のことですがこの言葉は、もうひとつの意味があります。

それは棒という意味とは全くかけ離れた、「くっつく、執着する」という意味です。

ディーラーの間では「ひとつの見方にスティックするな」という言い方をよく使いますが、言い換えればフレシキブルに思考を変化させなくてはいけないということです。

相場の見通しはこれだと決めると、往々にしてその考え方を変えることにかなりの抵抗感を感じ、自分自身で自分を縛ってしまい、それが損失の原因となることがあります。

しかし相場の状況に応じて、時には最初の見方を数分足らずで変えることもありだと個人的には思っています。

なぜなら相手にしている相場は、時々刻々と変化しているからです。

要は相場で生き残っていくためには、自分自身の意地とか執着とかにとらわれないことが大切だと思います

b124

先週は久しぶりに、為替が円安方向に反発し、米ドル円は106円を回復。

週末終値は105円を少し割れた水準です。

今週の見通しについて。

先週今回の反発メドとして一気に104円~105円台へと円安反発が続くと書きました。

先週金曜日に一時106円まで行き過ぎる場面がありましたが、ほぼ想定通りの展開と言ってよいかと思います。

6月下旬から7月上旬にかけて蓄積されたエネルギーはさほど大きくなく、この105円台前後でとりあえずの反発エネルギーは放出された形になります。

4月下旬や5月下旬の反発局面と同じように、今回も反発はあっさり小さく短期間で終わって、また円高に向かうのか、今回はこのあたりでまた力を蓄えて、もう一段の円安に向かのか、そのあたりは現時点でどちらか断定することは難しく、今週の動向を分析しながら見極めていくことになりそうです。
今日のバイナリーの取引結果になります

4勝0敗 150000円でした!

t114
究極の投資法に興味のある方は是非メルマガ登録してくださいね!

メルマガではブログには書けない究極の投資法の詳細をお届けしてます!

メールアドレス (必須)