スピード調整

たとえば、下落する相場において、金融危機の時のような、棒下げをする場合もありますが、調整的な戻しを繰り返しながら、下げていくのが、より一般的な下げ方です。

この調整的な戻しを、スピード調整と呼んでいます。

このスピード調整は、持続的な下落には必要な過程です。

つまり、急落によって、ロングが投げるのと同時にショートメイクが行われ、マーケットは急速にショートとなり、下げ渋るようになります。

この時に、なんらかのきっかけによって、ショートカバーがなされ、さらにこれで下げも終わったとして、にわかにロングメイクがなされるようになると、再び下げるエネルギーが蓄えられ、下落が再開されるという仕組みです。

ただし、こうしたスピード調整を行いながら、下げ続けたり、上げ続けたりするのは、あくまでもトレンド相場の時であり、レンジ相場の時には当てはまりません。

したがって、今の相場をトレンド相場か、レンジ相場かという見極めが必要になります。

トレンド相場であるとすると、たとえば下げであれば、下げた後の反発が前回の高値よりも低く、次の安値が前回の安値よりも下がる、いわゆる上値を切り下げ、下値を切り下げるという動きに、一般的にはなりやすく、このあたりがトレンド相場の見極めどころだと言えます。

今回は、主に下げ相場を例にしましたが、上げ相場は申し上げました下げのパターンの全く裏返しで、同じような動きとご理解ください。

b387

為替は111円台後半の水準です。

昨日の日中は112円台を回復し、そして夜間は111円台半ばへ急に円高が進む場面がありました。

「111円台の半ばあたりではさすがに一旦止まりやすい」

こう明言しておりましたように、一昨日と同じく111円台の半ばでは円高の動きが止まりました。

今後も目先は111円台半ばをサポート帯としながら、上がったり下がったりの展開がもうしばらく想定されます。

ポンド円がやや下落基調です。
現在は145円近辺の水準。

短期トレンドが転換している可能性があり、143円あたりまで下押しされるのではないかと見ています。

今日のバイナリーの取引結果になります

3勝1敗 62500円でした!

t371

究極の投資法に興味のある方は是非メルマガ登録してくださいね!

メルマガではブログには書けない究極の投資法の詳細をお届けしてます!

メールアドレス (必須)