ドリフト

ドリフトとは漂うとか、漂流するといった意味です。

あの全員集合のドリフターズはこの名詞形で、漂流者たちとか浮浪者たちといった意味です。

マーケットで相場がふわふわ漂っている時に「マーケットがドリフトしている」と市場関係者の間では言います。

これは典型的なレンジ相場時の状況で、市場の方向感がない状態です。

トレンド相場、レンジ相場 それぞれに得意な人がいますが、一般的にはトレンド相場は、一方向に動き儲けやすい相場だと言えますが、レンジ相場はよほど丁寧にやらないと儲けづらい相場であると個人的には見ています。

レンジ相場が未来永劫続くわけではなく、焦らず来るべきトレンド相場に向けて体力を温存する時と位置付けておくべきではないかと思っています。

レンジ相場が値幅が狭くなり収斂してくると、トレンド相場に転換するサインですので、日々の値幅に気をつけて見ておくことが大事です。

b127

円安の流れがもう一段加速するとの予想通り、米ドル円は早くも107円に達するほど円安の流れが加速しています。

6月は急速な円高が生じて、イギリスEU離脱のショックなどもあって99円まで円高になる場面がありました。

先週はようやく短期トレンドが円安に転換し、一気に104円~105円台へと円安反発が続くとの予想通り、あっという間に105円を超えるほど円安が進みました。

そして今週。

先週末の時点では、今回の円安が短期間で終わるのか、さらに伸びるのか微妙な状況だったのですが、もう一段の円安に向かう兆候がチャート分析上で出たことから、今年の夏は円安への戻りが続くであろうとの予想を掲げました。

円安メドについては引き続き、最大で109円を超えて110円近くまで伸びる可能性があるとの見方を維持します。

今日のバイナリーの取引結果になります

3勝1敗 62500円でした!

t117
究極の投資法に興味のある方は是非メルマガ登録してくださいね!

メルマガではブログには書けない究極の投資法の詳細をお届けしてます!

メールアドレス (必須)