リーディングカレンシー

相場には、相場を牽引する主役となる通貨ペアがあります。

それを、リーディングカレンシーと読んでいます。

特に、相場に動きが出ている時には、リーディングカレンシーがどれかを把握して、そして、リーディングカレンシーを見つけたら、敢えてその通貨ペアでトレーディングすることが、実際的にも効率が良く大事です。

的確にリーディングカレンシーを掴んでいないと、相場が動いている割には儲からないとか、悪くすると損失を被ることになります。

また、よくあるケースは、リーディングカレンシーが、他に先んじて大きく動いてしまい、既に高いところまで上昇していたり、低いところまで下落していて、なかなかその流れには乗れず、やむなく動きが鈍い別の通貨ペアでポジションを持つことがあります。

しかし、別の通貨ペアが主役通貨ほどには動けないのには、それなりの理由があることが多く、一般的に効率があまりよくありません。

たとえば、ドル/円のように、上下をオーダーに挟まれていて、他の通貨ペアの動きにあまり追随できないということもあります。

また、ドルストレートで攻めるか、クロスで攻めるかも、主役となる通貨ペアがどれかを的確に掴んでいないと、結果が大きく異なることがあります。

したがい、リーディングカレンシーと真っ向勝負することが、結局はチャンスを掴むことになることが多いと言えます。

b348

先週の為替は111円台を中心に、110円台後半~112円台前半の範囲でほぼ横ばいで推移しました。

先週は連日、次のように予測しました。
「上方向は112円近辺、下方向は110円台後半あたりがそれぞれの意識される抵抗帯またはサポート帯になる」

結果的に、きれいな形で112円近辺~110円台後半の範囲でのレンジ相場となりました。
さて今週も、重要ポイントは変わりません。
上方向は112円近辺。その水準では上値を抑制されやすいと考えられます。
一方、下方向は110円台。特に110円台後半の水準が重要です。

いずれどちらかの方向にブレイクすることになるわけですが、現時点で、どちらかといえば、ずばり下方向への動きを意識したいです。

現状黄色信号が灯っているなか、今週もしもサポート帯の110円台後半を割り込みますと、黄色信号から赤信号へ。
すなわち、円高がずるずる拡大する可能性が高まると考えらえます。

具体的には4月の円高局面と同じく、108円台突入が視野に入ってきます。

最低でもその108円台、さらに言えば、4月の安値を下回って106円台へと円高が拡大する可能性もあると見ています。

次に、ユーロ円。
最近のユーロ円は124円あたりを中心に小康状態。

高値圏でのちょっとした保ち合い局面との認識です。

ここから次は、もう一段高という展開も考えられなくはないのですが、ただ4月以降の上昇がかなり急激で大幅だったこともあり、順番としては次は下向きの確率のほうが高いのではないかと思われます。

意識すべき水準は123円台。
軽めのサポート帯が形成されており、その水準を割り込みますと、円高が拡大して120円近辺から、久しぶりの120円割れも生じる可能性が高まると考えます。

今日のバイナリーの取引結果になります

3勝1敗 62500円でした!

t332

究極の投資法に興味のある方は是非メルマガ登録してくださいね!

メルマガではブログには書けない究極の投資法の詳細をお届けしてます!

メールアドレス (必須)