レンジ相場での心得

レンジ相場とは、ある一定の値幅の中で、往ったり来たりをする相場です。

値幅がないから、それほど損失を被ることはないだろうと思われがちですが、やり方を間違えると、それ程の値幅でもないのに大きな損失を被ることがありますので、要注意です。

レンジ相場は、トレンド相場の後にやってきます。

それまでのトレンド相場では、方向さえ間違わずにポジションをキープしていれば、結構儲かります。

しかし、世の中、それ程甘くはありません。

トレンド相場からレンジ相場への転換点では、非常に荒っぽく上下動し、折角トレンド相場でもうけた利益を吹き飛ばすことは、それほど難しいことではありません。

この激しい上下動になったら、トレンド相場からキャリーしてきたポジションは、早々に手仕舞うことです。

そして、この激しい上下動が収まってくると、ある一定の上下の間を中心としたレンジ相場となります。

レンジ相場は、かなり長く続くことが多く、痺れを切らせてしまいますが、一定のレンジを想定して逆張り的な売り買いに徹するか、ポジションを閉じて様子を見ることが、肝心です。

しかし、長く続いたレンジ相場も、終わりが近づくと、レンジ幅がかなり収斂し、これが次のトレンド相場が近いことを示していますので、こうなるとそれまでの逆張りは避けることです。

レンジ相場からトレンド相場への転換点で逆張りを続けていると、トレンド相場に入った瞬間、もしもトレンド方向に反するポジションを持っていると大きく逆方向に相場を持っていかれる危険性があります。

こうなったら、できるだけ早くマーケットから脱出することが、結局は賢明だと思います。

b519

為替の値動きは、完全に私たちの予想通り。
108円台まで円高になって、その後は反発や横ばいで推移しています。

2018年1月は、円高予想がズバリ的中。
「円高トレンドに入った」と判断して、具体的には「1ドル=109円~108円へ円高になる」とハッキリ予想。
「もっと厳密に言えば、ズバリ108.6円あたり」と明言。

結果的には先週末の終値で108.6円を記録。
ドンピシャで予想が的中しました。

そして今週は次のように予想。
「円高予想レートに到達し、円高エネルギーは吐き出された」
「円高予想レート到達後は、反発したり横ばいだったり、しばらく方向感が出にくい状況になることが多い」

この予想通り、円高は108円で止まって、今週は少し反発したり、横ばいだったり、
方向感が出にくい状況となっています。

今日のバイナリーの取引結果になります

4勝0敗 150000円でした!

t503

究極の投資法に興味のある方は是非メルマガ登録してくださいね!

メルマガではブログには書けない究極の投資法の詳細をお届けしてます!

メールアドレス (必須)