下値を切り上げる、上値を切り下げる

相場が上げ基調の時、それでも下に差し込む時があります。

しかし差し込んだ前回の安値より今回の安値の方が浅ければ、それは上昇トレンドにいることを示しています。

これを、「下値を切り上げる」と言います。

一方、相場が下げ基調の時、それでも上に反発する時があります。

しかし、反発した前回の高値よりも今回の高値の方が低ければ、それは下落トレンドにいることを示しています。

これを、「上値を切り下げる」と言います。

こうした上昇トレンドでの「下値の切り上げ」や、下落トレンドでの「上値の切り下げ」を見ることで、現状のトレンドがまだ有効であるかないかは、概ね判断ができます。

注意を要するのは、上昇トレンドでの前回の差し込みよりも深く今回差し込んだ時や、下落トレンドで、前回の反発よりも今回の反発が大きくなった時で、それはすぐさま反転することは少ないですが、反転が近いことを示しています。

このような状況になった場合は、ショートのポジションを持っていれば、次の押しがあれば買い戻すのが得策ですし、ロングを持っていれば、次の反発の時に、程ほどで手仕舞うことが賢明です。

意外とこの「下値を切り下げ」、あるいは「上値を切り上げ」は、チャート分析をする上で、役に立ちますので、期間を替えたりしながらご覧になってみることをお勧めします。

b298

「112円台~111円台へと円高が拡大する」。
為替は、予想通りに動いています。

先週末の時点で、第1ターゲットに到達し、そして、昨夜から今朝にかけて第2ターゲットに接近、到達しました。

当初抱えていた円高エネルギーはほぼ放出された形になったといえます。

この111円の水準は、今年1月以降の大きなレンジ相場(111円~115円)の下限でもありますので、さすがにこの111円台では一旦下支えされやすいだろうと見ています。

問題は今後。
中期的な見通しとして、もしも、この111円台も下抜けるようなことが起きた場合、もしかすると、昨年のトランプ相場(円安相場)の起点(105~106円)へ回帰する動きが、米ドル円相場においても本格化するかもしれません。

現時点では、このシナリオはさすがに言い過ぎかもしれませんが、一応、そのようなシナリオもちょっと頭に入れておきたいかなと思います。

今日のバイナリーの取引結果になります

4勝0敗 150000円でした!

t284

究極の投資法に興味のある方は是非メルマガ登録してくださいね!

メルマガではブログには書けない究極の投資法の詳細をお届けしてます!

メールアドレス (必須)