予想通りユーロ円の下落が目立ってきましたね

予想通り米ドル円は円高目標到達後の保ち合いに入っていますが、ユーロ円の下落が目立っています。

米ドル円については終値ベースでは先週後半に3日連続で113円~112円台を記録して、ひとまず底打ちと判断。

今週は目標到達後の、典型的な保ち合い局面に入っています。

米ドル円のチャート上に目立った上値抑制帯がないため、116円~117円近くまで反発が伸びるかと期待していたのですが、今週これまでの反発は114円台後半が限界でした。

長期的に今年これからもっと円高になると予想していますが、もしかすると予想以上に円高圧力が強いのかもしれません。

米ドル円がひとまず下げ止まった一方ユーロ円については、今週は連日厳しい状況であると警告してきました。

理由としてはユーロ円のチャート分析において下落シグナルが新たに点灯していたためです。

現在年初来安値を下回って、125円台に突入しています。

目先は123円~121円前後へ下落して、120円の大台を割れないまでもいよいよ120円割れが意識されるような状況になってくるのではないかと考えます。

長期的には年内に120円を割れてユーロ安・円高が進む可能性が高いと見ています。

 

b011

 

ストイックとは自己抑制的なことを言いますが、トレーディングにはストイックさが必要だと思っています。

トレーディング初心者の方は、かなり慎重です。

ですがある程度慣れてくると儲かれば有頂天になって調子づき、損すれば落ち込むいわゆる一喜一憂の状態になりがちです。

儲けられるようになった自分に自信を持つことは確かに大事なことです。

損した悔しさをあらわにする気持ちも、分からないではありません。

でも勝った負けたで感情のままに振れることは、トレーダーとして成長していく上では決して良いことではないと思っています。

私の好きな言葉で「投機をなすもの、楽悲を戒む」という言葉があります。

つまりトレーディングは、感情に振らされないストイックさが必要だということです。

儲かっても自信過剰にもならないかわりに損をしても極度に落ち込まない。

ただ淡々とトレーディングを続けられるようになることが、トレーダーとして成長していくためには必要なことだと思います。

それは確かに言うは簡単で行なうのは難しいです。

なので意識してメンタル・コントロールをすることが、結局自分のためになると思います。

t010