利益に対して謙虚であれ

ディーラーだった頃、よく他の銀行のディーラー仲間と集まりました。

そのメンバーのひとりでいつも勝っていて、感心するディーラーがいました。

ディーラー仲間の間では、損した話はよくしますが、儲けた話はあまりしません。

しかし、彼は嫌味なく儲けた話をよくしてくれました。

そして、彼の話に一貫していたことは、実に儲けることに謙虚だということでした。

ポジションがフェーバーになると、もっと儲けようとはせず、どんどん利益を確定していっていました。

つまり、相場観が良く、入るタイミングが絶妙である上に、利が乗れば淡々と利食っていく彼の姿勢が、儲けの蓄積につながっていたのだと思います。

もっと儲けたいと思うのは、自然な気持ちだと思います。

しかし、儲けたいという欲望が強くなり過ぎると、相場が見えなくなります。

また、評価上の利益のピークから現状の利益が目減りすると、どうにか、逃してしまった分の利益を取り戻そうという気持ちが働き、それが返って、悪循環を起すことはよくあります。

自分のもっと儲けたい欲望を抑えて、利益を確定することは、ある意味では損切りより難しいものです。

そこを、さらっとやれるかどうかで、結果が違ってきます。

b385

円安方向への「行き過ぎ」が修正されている為替は、昨日は一時111円台まで円高が進みました。

先々週末から114円に乗ってきたドル円相場について、先週始めのブログ記事で次のように明言しました。

結果的に先週火曜日(高値は114.5円)がピークで、揺り戻しの局面に入り、先週末は112円台、昨日は111円台へと、急速に戻ってきたところです。

さて、どこまで戻るのか。
これは当初、6月後半に私たちは円安予想を掲げましたが、その当時の節目が参考になります。

当時は、「第一の円安メドは111円台半ば」「最大で112円台~113円近辺」などと予想していました。

今月は一時、最大の円安メドを超えて行き過ぎの状態になりましたが、すぐに修正されて、先週の時点で、当初の最大メド(112円台~113円近辺)まで戻ってきて、今週これからさらに円高に向かったとしても、

当初の第一メド111円台の半ばあたりではさすがに一旦止まりやすいと思われます。

ユーロ円やポンド円なども、円安の勢いが止まってちょっとした保ち合いに入っています。

目先、重要度の高いサポート帯としましては、ユーロ円は129円近辺、ポンド円は145円台が浮上しています。

今日のバイナリーの取引結果になります

3勝1敗 62500円でした!

t369

究極の投資法に興味のある方は是非メルマガ登録してくださいね!

メルマガではブログには書けない究極の投資法の詳細をお届けしてます!

メールアドレス (必須)