動き出すタイミングを知るには

相場にエントリーする上で、タイミングが大変大事です。

そして、エントリーのタイミングは、自分で思っているよりも遅くやってくるのが一般的だと言えます。

タイミングがまだやってきていないところを無理矢理エントリーすると、相場のアヤに遭い、予想は合っていても、それに至る前にあえなくロスカットとなることが多く、それだけに、正しいタイミングを知ることが大切です。

タイミングを掴むのに有効なのは、日足なり、8時間足などで、一定の値幅の中に値動きが収斂してくる時です。

しかも、収斂して、4~5本ぐらいの日足なり8時間足が連続するとタイミングが近づいてきていることを示します。

そして、すべての場合とは申しませんが、ひとつには値幅が極端に狭くなってきた時、また寄り付きと引け値が極近く、そして上ヒゲ、下ヒゲを出して、つまり寄せ線を出した翌日あるいは次の8時間の時間帯に、動き出す可能性が高くなります。

問題は、動く方向ですが、前日あるいは前の8時間の時間帯の実体(ロウソク足の寄り付きと引け値の間の太い部分)より上で始まれば買い、下で始まれば売りになる傾向があります。

ただし、これはあくまでも、確率が高いということであって、絶対ではありませんので、その点はどうかご理解の上、チャートをご覧になってみてください。

b479

今週、為替は110円台まで円高が進みましたが、112円へと反発しています。

9月以降の円安トレンドは、107円から今月上旬に114円に達したところで終了。

今月は「円安の勢いが失われた」、「これからしばらくは円高トレンドに入る」と予想。

具体的な円高メドとして「第一に112円近辺」、「最大で110円台に突入するくらいの円高エネルギーを抱えている」と明言。

今週まさに、予想が完璧に的中して110円台に突入!
そこで、当初の円高エネルギーが放出されたことにより、反発が生じているのと認識になります。
そして反発メドについては、次のように書きました。
「111円台半ばに軽い節目があります。
その先は112円近辺がメドになります。」
現在ちょうど、112円近辺まで反発したところです。

さて今後の見通しについて。
円高が予想通り110円台に突入したところで止まって、そして今回の反発はどこまで続くのか?

もうすでに予想通り112円近辺まで来ていますので、一旦このあたりで弱まるシナリオが第一に考えられますが、最大でもう少し、具体的には112円台半ば~後半あたりまで伸びる余地もあると考えられます。

それくらいの反発も想定しながら、下方向は、今後、短中期的には111円近辺が意識されることになりそうです。

今日のバイナリーの取引結果になります

3勝1敗 62500円でした!

t463

究極の投資法に興味のある方は是非メルマガ登録してくださいね!

メルマガではブログには書けない究極の投資法の詳細をお届けしてます!

メールアドレス (必須)