大相場は、見方もスケール大きく 

相場を見る時に、短期チャートだけでなく、中長期のチャートも見ることは基本的に大事ですが、大相場となるとさらに中長期のチャートの重要さが増します。

尚、ここで申し上げるそれぞれの期間を大雑把に区分けしますと、短期とは、1分足から1時間足、中期とは、4時間、8時間、日足、長期とは、週足、月足といったスケールだとご理解ください。

相場が荒れていない時には、短期チャートだけでも、ある程度の相場展開は確かにわかります。

しかし、相場がダイナミックに動く大相場では、短期チャートだけを見ていても、相場展開のほんの一部しかわからなくなりますので、中長期のチャートを合わせて見る必要性が高まります。

なぜなら、平常の場合の短期チャートの動きが、相場が荒れている時には動きがダイナミックになり、中長期のチャートのスケールで動くようになるためです。

たとえば、レジスタンスやサポートについても、短期のポイントではなく、中期、長期のポイントがより有効に働きます。

言い換えれば、短期チャートでは、相場の行き過ぎに見えても、大相場では、そんなことにはお構いなしにさらに大きく動くことになりますので、短期チャートにおけるチャートポイントや経験則をあてはめようとすると危険が伴います。

大相場では、平常時とは意識を切り替えて、より大きなスケールで相場を把握するように、心掛けることが大切です。

それが、つまり、相場を大掴みで読むということです。

b390

為替は久しぶりに、しっかりした反発が生じて111円台後半の水準です。

7月11日の約114.5円から24日の約110.6円まで値幅4円近くもほぼ一方的な円高が続いていましたが、ようやく、反発らしい反発が生じました。

昨日夕方の110円台で一旦底打ちして、そこから値幅1円ほど反発。
現在は111円台後半の水準です。

さて、今回の反発のメドについて。
すでに連日、書いておりますように、「具体的には112円を少し超えたあたり」に強力な抵抗帯があります。

そのため、本日このまま112円に到達したとしても、そこからは上値が重たくなるのではないかと思われます。

そしてもし、昨日からの短期的な反発局面が早々に終わって、また反落に向かった場合、要注意は111円近くの水準。

111円近辺から、次に再び110円台にしっかり突入してきますと、今度は円高がやや加速しやすく、少なくとも先月の安値圏、すなわち109円台前半を目指す展開になりやすいです。

今日のバイナリーの取引結果になります

3勝1敗 62500円でした!

t374

究極の投資法に興味のある方は是非メルマガ登録してくださいね!

メルマガではブログには書けない究極の投資法の詳細をお届けしてます!

メールアドレス (必須)