好きであること

自分で言うのもなんですが、結構ハードスケジュールで、疲れる時もありますが、あまり苦になりません。

それは、やはり為替相場が好きだからだと思っています。

また、好きでなければ、これまでずっと為替に携わることはなかったとも思っています。

為替に限らず何事も、自分が打ち込もうとするものを好きになることが、上達の早道だと思います。

好きになることで、大変だと思うことも、あまり大変とは感じなくなるものです。

好きであればこそ、長続きもし、さらに知りたい学びたいという好奇心も起き、そして自分を鍛えたいという気持ちも、自然と湧くのではないかと思います。

そうした気持ちがあればこそ、無理なく自分自身を高めていくことができるのではないかと考えます。

好きなものに巡り合えることは、しあわせなことです。

b345

為替は大きな動きはありませんが、昨夜は少し円安に。
111円台後半の水準です。

先週は113円台から110円台へと急速に円高が進み、今週は下げ止まって、少し反発中との認識になります。

目先は112円近辺では反発の動きが鈍くなりやすいと思われます。

一方、円高の動きは、110円台の水準が意識されやすいです。
昨日も、その110円台後半のサポート帯で、円高が止まりました。

今夜はアメリカのFOMCの前回の会議の議事録の発表が予定されています。
これは何かといいますと、FOMCの会議そのものも注目されますが、会議で実際にどんなことが話し合われたのかについての議事録も後日公表され、それを見れば、メンバーが金利を早く上げたがっているのか、あるいは、上げない方がよいとの意見があるのか、アメリカ経済をどう見ているのか、などがわかります。

現時点で、多くの専門家が次回、6月14日のFOMCでアメリカがまた利上げを決定するものと予想しています。

議事録の内容により、利上げの可能性が高いとの見方が変わらなければ、ドル円は堅調でしょうし、金利据え置きもありそうだとの見方になれば、円高が進む可能性があります。

今日のバイナリーの取引結果になります

3勝1敗 62500円でした!

t329

究極の投資法に興味のある方は是非メルマガ登録してくださいね!

メルマガではブログには書けない究極の投資法の詳細をお届けしてます!

メールアドレス (必須)