弱肉強食

相場には、ビギナーズリーグも、中上級者リーグも、プロリーグも、アマリーグもありません。

すべてが、同じリングの上で闘っています。

ですから、自分は初心者だからと思っていても、マーケットはそんなことを知る由もなく、容赦なく攻めてきます。

つまり、初心者だからは、マーケットでは通用しません。

私が、ロンドンで、ディーリングの世界に入ってしばらくした、まだ駆け出しの頃、スワップディーラーとなりました。

スワップとは、FXで毎日のポジションをキャリーするために行うあのスワップですが、期間は、1営業日ではなく、もっと長く、大体6ヶ月物で、トレードしていました。

このスワップのブローカーを介して、ふたつの米銀のイギリス人ディーラーと親しくなり、パブで一緒に飲んだりしました。

しかし、彼らは、稼げると思えば、徹底して稼ごうと思っているプロでした。

ある日、ブローカーからマーケットをサポートしてほしいと頼まれました。

マーケットをサポートするとは、マーケットメイクとも言いますが、銀行がブローカーにプライスを出して、マーケットを創出して、それを呼び水にして、マーケットを活発化させることです。

その時、私は、ドル/円の翌日物から1年物まで、各ターム(期間)のオファーとビッド、両サイドのプライスをブローカーに提示し、ブローカーは他の銀行に伝えました。

そうしたところが、日米金利差が縮小するような材料が出て、ブローカーに預けた私のプライスのオファーサイドが、たちどころにすべて他行に叩かれてしまいました。

ネームチェック(相手銀行へのクレジットライン(信用許容枠)のチェック)もありましたので、相手のネーム(名前)を聞いたところ、あのパブで一緒に飲んだふたりでした。

そして、相場はさらにアゲンストになり、仕方がないので、手持ちのポジションをすべて投げました。

そして、またネームを聞いたら、またあのふたりで、何のことはない、あのふたりに貢いだようなものでした。

相手も、取引をしてみなければ、私の名前もわかりませんが、ネームを聞いてさぞや笑ったことだろうと思うと癪に障りました。

そして、必ず強くなってやると、心に誓いました。

強い者に食べられたくなければ、自らが強くなるしかありません。

b495

為替はほぼ変わらず。
113円台の水準です。

昨日のブログ記事で、今月前半の高値圏(113.5~113.6円)超えられるかどうかに注目といったことを書きました。
昨日の円安の動きは、まさにその水準で止まって、超えるような展開には至りませんでした。

本日以降も引き続き、上下の注目すべき水準は、はっきりしています。
上方向は113.5~113.6円。
この節目を超えることが出来れば、114円台~115円近辺に向けて円安が加速しやすくなると考えられます。

一方、下方向は112円台前半。
112円台後半にもちょっとした節目がありますが、それよりも重要なのは112円台前半のサポート帯。
万が一、そのサポート帯をこの年末年始の間に下抜けるようなことが起きますと、短期的には円高トレンドに入ることになり、具体的には110円から一時110円を割れるくらいの円高に発展する可能性があります。

これから年末年始は、世界的に為替の取引量が減り、閑散として値動きが乏しくなることもよくあるのですが、もしかすると、上記の、上下どちらかのポイントを突破することにより、やや大きな値動きにつながる可能性もありますので、注視したいです。

今日のバイナリーの取引結果になります

4勝0敗 150000円でした!

t479

究極の投資法に興味のある方は是非メルマガ登録してくださいね!

メルマガではブログには書けない究極の投資法の詳細をお届けしてます!

メールアドレス (必須)