決意と覚悟と開き直り

相場観を持つことは、大事ですが、相場観に固執することは、危険です。

相場は、あたかも生き物のように一点に止まらず、どんどん変化していきます。

したがって、当初描いた相場の方向性が変わっていくのが当たり前のことですので、相場観は常に調整を必要とします。

相場観を調整する度合いは、微調整の時もありますが、時には180度転換するような大幅な変更が必要な場合もあります。

微調整は、それほどの苦痛は伴いませんが、見方を大幅に変更する場合は、「これで良いのか」といった迷いを振り切りながら、自己否定するわけですから、相当の決意と覚悟が必要です。

しかし、一度大幅に変更すると決めたら、振り返らず、実行するのみです。

こうした決意をするにあたっては、自分自身を信じてあげることが大切です。

これだけ、考えに考え抜いた末、自ら決めたことには、誰よりも、自分自身が信じてあげなければなりません。

そして、ダメでもともとという開き直りもまた必要だと思います。

私の経験から申し上げれば、大幅な調整が必要と感じた時は、変更を実行した方が結果的にはうまくいったことが多かったと言えます。

b500

昨日、日本株が大暴騰しましたが、対照的に為替はやや円安に傾き113円台付近で推移しています。

今週1月2日に新年の相場がスタートして、やや円高に傾く場面もありましたが、112円台前半のサポート水準ではしっかり下支えされました。

現状は、あいかわらず112円台~113円台の小さなレンジ相場。
引き続き、下限112円台前半、上限113円台半ばあたりが意識され、それら上下の水準をいずれかにブレイクすれば、多少、値動きが大きくなるだろうといった程度です。
現状その上限の水準ですので、しっかりブレイク出来るかが鍵となります。

ドル円が値動きが乏しい一方で、ユーロ円が来ています。
長らく続いたレンジ相場(昨年9月以降のおよそ131円台~134円台の狭い範囲でのレンジ相場)をブレイクした可能性があり、先日、「140円の大台を回復することも十分に考えられます」などと解説しました。
引き続き、そのユーロ高・円安予想を維持します。

今日のバイナリーの取引結果になります

3勝1敗 62500円でした!

t484

究極の投資法に興味のある方は是非メルマガ登録してくださいね!

メルマガではブログには書けない究極の投資法の詳細をお届けしてます!

メールアドレス (必須)