痛み

何事にも、相通ずることですが、失敗や損失から早く立ち直るには、痛みが伴っても問題を先送りせず、正面から向かい合うことが必要です。

このことは、トレーディングの世界では、ロスカットという形で、日常的に起きていることです。

ロスカットには、損失という痛みが伴いますが、いったん、ロスカットにより、ポジションがクローズされれば、それ以上の損失の拡大は止められます。

しかし、よくあるのは、ここでロスカットした後反転してしまうのではないか、自分だけ貧乏くじを引くのではないかという強迫観念から、ロスカットができずにいることです。

それで、相場が反転してくれればラッキーですが、さらに損失が拡大する方向に進んでしまうと、もう動きが取れなくなってしまいます。

ロスカットをするということは、損失拡大を食い止めるだけでなく、それまで引きずってきている自分の気持ちを一回リセットさせるという意味でも大変重要です。

一度、ポジションを手仕舞ってみると、随分気持ちが軽くなり、世界も違って見えてくると思います。

そして、リフレッシュした頭で、もう一度相場観を立て直すことです。

損失という痛み伴っても、ロスカットを決断することは、結局は自分を守ることになると思います。

b516

ドンピシャで予想的中!読者の皆様おめでとうございます!

先週末の終値は108.6円。
完璧に予想が的中する結果となりました。

昨年は、予想が難しい局面が続き、FXの成績が良くないという読者の方が多かったです。
なので2018年は、年始のメッセージなどで読者の皆様と共に、大儲けする1年になると誓いました。
2018年は1月から、読者の皆様と共に、大勝利を収めることができました。

とっても幸先の良いスタートですね。
昨年後半は、なかなか為替が動かず、読者の皆様に大きく儲けていただくチャンスがほとんどなく、心苦しい思いをしていましたので、本当に良かったと思います。
予想的中された皆様、おめでとうございます!

さて今週の見通しとしましては、
円高予想レート108.6円に先週到達しましたので、とりあえず抱えていた円高エネルギーは吐き出されたとの見方になります。
したがいまして、これ以上、円高が進む場合は、短期的には行き過ぎとの判断になり、早期に戻ってくるシナリオが考えられます。
一般的には、円高予想レートに到達した後は、反発したり横ばいだったり、しばらく方向感が出にくい状況になることが多いです。

ユーロ円がこの2週間だいたい135~136円の範囲で上がったり下がったりを
繰り返しています。
136円近辺がちょっとした節目になっており、その水準をブレイクすれば、また新たな上昇トレンドに入る可能性もあったのですが、先週末は、米ドル円の円高の波にのまれてやや円高(ユーロ安)でした。
円高方向は現状、133円台がしっかりしたサポート帯になっています。

今日のバイナリーの取引結果になります

3勝1敗 62500円でした!

t500

究極の投資法に興味のある方は是非メルマガ登録してくださいね!

メルマガではブログには書けない究極の投資法の詳細をお届けしてます!

メールアドレス (必須)