相場とは、皆が望まない方向に進むもの

相場とは、皆が望まない方向に進むものとか、自分のポジションがマーケットに見透かされているようだといった言葉を良く耳にします。

それはある意味、当たり前と言えば当たり前のことです。

なぜなら、多くの人々が望む方向が一方向に偏り、その結果、売り過ぎあるいは買い過ぎとなるため、相場が逆方向にしか動かなくなるためです。

しかも、マーケットの望む方向が片サイドに偏っているという事実は、多くのマーケット参加者自身が気づいていないことが多いと言えます。

つまり、このテクニカル分析、あるいはこの相場観なりは自分ぐらいしか知らなくて、マーケットの大勢は知らないものだと考えているためだと思います。

しかし、秘蔵のテクニカル分析も相場観も、実は、マーケット参加者の大勢意見になっており、ただ誰もあえて語りはしないことから、あたかも誰も知らないようにしか見えないことが多いと言えます。

そのため、目論みに反した相場となると、マーケットがおかしいと思ってしまいますが、実は、同じ方向にポジションを張っていた他の目端の利くマーケット参加者が、どうも思っていた相場展開と実際が違うと相場から脱出するために反対売買をしているのに過ぎないことがほとんどです。

したがい、マーケットが今なにをテーマにしていて、相場がどうなることを望んでいるかについては、日頃から類推することが必要になるわけです。

類推するのに、効果的なのが、値動き分析だと思います。

相場の値動きから、マーケットがショートになっているか、ロングになっているかを、常日頃から読むクセをつけることが大事です。

b515

今月の為替予想「110円を割れて、109円~108円へ円高になる」。
この円高予想がドンピシャで的中しました。

これまで当ブログでは連日、円高予想を掲げてきました。
「110円を割れて109円台~108円台へと円高が進む」。
このように言い続けてきましたが、先日はさらに細かく予想しました。
「もっと厳密に言えば、ズバリ108.6円あたりが円高ターゲットになるのではないかと思われます」

昨夜は一時、108.6~108.5円を記録しました。
円高ターゲット108.6円に完璧に到達しましたね。
円高ターゲットに到達したこともあり、今朝はもう109円台まで反発しています。
あり得ないくらい完璧に予想的中しましたね。

円高ターゲットの108.6~108.7円でFXの売りポジションの買い戻しの指値注文を出しておられた方は、その戦略がピタッとはまって、今朝は、驚きと喜びで大興奮しておられることと思います。

本当におめでとうございます!
今月はガッツリ稼ぐことができましたから、しばらくは「休むも相場」でいいと思います。
また次のチャンスを狙って共にがんばりましょう!

今日のバイナリーの取引結果になります

4勝0敗 150000円でした!

t499

究極の投資法に興味のある方は是非メルマガ登録してくださいね!

メルマガではブログには書けない究極の投資法の詳細をお届けしてます!

メールアドレス (必須)