相場のリスクマネージメントの重要性

相場のリスクとは価格の変動によって起こるリスクや、流動性リスクなどいろいろありますが、要は損失を被るリスクであり、いかに損失を軽微に抑えるかがリスクマネージメントということになります。

具体的な相場でのリスクマネージメントとはロスカットです。

これをうまく出来るかによって、大きな損失を被ることなく、損失を最小限に留め逆に収益チャンスに変えることも可能です。

大損につながるロスカットとはポジションがアゲンストになり、ロスカットレベルに相場が迫ると、当初置いたレベルからさらにアゲンスト方向にオーダーレベルをずら損失を避けようとすることによって発生することが多いと思います。

誰でも損失を確定することは嫌なものです。

だからと言ってロスカットレベルをずらすことは、解決にはつながりません。

ロスカットは次のトレーディングができるように体力を温存するためにあります。

考えがあって決めたロスカットレベルだと思いますので、基本的には変更せずロスカットがついたら、悔しさや焦りによる再エントリーは避けいったん休むことが大事だと思います。

さらに中上級者向けには、ロスカットオーダーに頼らず自らの判断によって、自主的にポジションクローズあるいは倍返しができるようになることが大切です。

倍返しは勇気がいりますが、損失から利益に切り返すチャンスとなりますので、相場に勢いがあるようであれば試してみるのもありです。

b018

今週の見通しについて。

米ドル円は上向きへの変化が出ていますね。

昨年までのような円安トレンドへの転換ということではなくて、短期的にはもうしばらく反発が期待できると思います。

具体的には第一に114円台後半~115円近辺。
せめてそのあたりくらいの水準へ回復することは確率が高いと見ています。

そしてその115円手前あたり水準から上値を抑えるような作用が出やすいのですが、
その上値抑制帯をブレイクできれば、117円台回復も視野に入ってくると思います。

t016