相場の起承転結

相場がトレンド性を持った時、起承転結を繰り返しながら、言い換えればサイクルを繰り返しながら、トレンド方向に相場が進行します。

トレンド相場は、以下のような段階を繰り返します。

1.相場にトレンドが出来始めて、動きに敏感な参加者がトレンド方向にポジションを作り出し、相場がその方向に動き出す。

2.その流れに後から気づいた参加者が参戦し、ポジションが急速に一方向に偏りだす。

3.偏ったポジションを解消しようとする動きが強まり、ロスカットを伴ってトレンドの逆方向に動く。

4.ポジションが整理され、また第1段階で乗り遅れて待っていた参加者が加わり再びトレンド方向への動きを再開する。

ここで注意する必要のある点は、「相場が若い」と呼ばれるトレンド相場が始まったばかりの勢いのある時で、その時は相場の起承転結が、1日の中で起こってしまうということです。

したがって日中と言えども、トレンド相場はダイナミックに上下しながら動きますので、順張りで相場へ入ろうとする時、そのタイミングが第2段階の終わりや第3段階だと、方向は合っているのに、やられてしまったということになるわけで、入るタイミングが大変重要になるわけです。

b130

米ドル円は現在104円台の半ばの水準です。

これまでお伝えしてきた米ドル円の下方はこの104円台後半あたりに位置している節目で下支えされている限りは、短期的なトレンドに変化はなく、まだもうひと伸びする期待が残されているのではないかとの見方になります。

しかしその水準を若干割り込んでいますので、現状判断が難しいところですので明日また記事にしてお伝えしたいと思います。

今日のバイナリーの取引結果になります

3勝1敗 62500円でした!

t120
究極の投資法に興味のある方は是非メルマガ登録してくださいね!

メルマガではブログには書けない究極の投資法の詳細をお届けしてます!

メールアドレス (必須)