週末は毎週やってくる

毎週やってくる週末には、週末リスクがあります。

つまり、前週金曜のニューヨーククローズから翌週月曜のオセアニアオープンまでは、グローバルにマーケットはありません。

その週末の間に、なんらかの事件やイベントがあって、それによって、週末前と週末明けの間に、プライスにギャップが生じることがあります。

それが、自分のポジションにフェ―バーなギャップであれば、それはラッキーなことですが、多くの場合は、アゲンストに働きがちです。

その上、大きなギャップともなれば、自分が置いたストップロスのレベルより大きく懸け離れたオセアニアタイムのオープンレベル付近でしか、ストップロスは執行されず、想定外の損失を被ることになりかねません。

週末は毎週やってくるため、ある意味では、漫然としてしまいがちですが、こうした大きなリスクが存在していることを自覚し、たとえポジションを持って越週するにしても、自分の体力で十分許容できる範囲内にポジションを収めておくことが大切です。

週末リスクによって、損失が発生しても誰にも文句は言えません。

あくまでも、自己責任であることを、くれぐれも忘れてはならないと思います。

為替は今週もやや円高。昨日も108円台に突入。

現在は109円の前半の水準です。
先月末に、「この夏の円高ターゲットはズバリ109円台前半~108円台後半」と予想しました通り、今月まさにその円高ターゲットまで円高が進みました。

通常なら、円高ターゲットに到達したところで、一旦円高トレンドが終わって、反発(円安)に向かうことも多いのですが、現状まだ、今回の円高トレンドが終わったとは言い切れません。

もしかすると、もう一段の円高も警戒しないといけない状況と考えられます。

具体的には109円近辺の水準が非常に重要で、現時点では、わずかながら、さらに下方へ(円高方向へ)崩れようかという兆候も出始めているのですが、

もし、この先もう一段の円高に向かうとするならば、現在の水準から2円近く、すなわち107円近辺へ達するシナリオが浮上します。

日経平均株価については、「赤信号」(株安シグナル)が点灯しており、「具体的には1万9200円台~9100円台」最低でもそのあたりへ下落する可能性が高いと書きました。
昨夜、日経225先物は1万9250円、日経225CFDは1万9270円台まで下落し、ターゲットゾーンに到達しました。

日経平均株価のチャート分析の観点においてもっとも控えめな計測法で1万9290円が出ていましたから、そのあたりで買い戻しの指値注文を入れていた読者の方も多いと思います。

昨日の夜中、あるいは、今朝、起きてみたら指値がヒットして、多額の利益が確定されていて、今日は、朝から興奮しているという方も多いのではないでしょうか。

1万9700~9800円で売りトレードする機会が十分にありましたから、これで、少なくとも値幅400円~500円近くの利益を獲れたと思います。
おめでとうございました。

今後につきましては、もう少ししっかりとターゲットまで下がる可能性は残されているのではないかと思います。

今日のバイナリーの取引結果になります

4勝0敗 150000円でした!

t394

究極の投資法に興味のある方は是非メルマガ登録してくださいね!

メルマガではブログには書けない究極の投資法の詳細をお届けしてます!

メールアドレス (必須)