達成感

トレンド相場が加速し、達成感を感じる時があります。

今でもはっきりと覚えているのは、1989年の5月から翌月6月までのドル/円相場です。

5月の132.54近辺から6月には150.33近辺まで、約18円80銭の急騰となりました。

この年の頃は、日本の機関投資家、生保がかなりアクティブに動いており、大量の外債購入に走り、それに伴って、大量のドル買い円売りが発生しました。

彼らは、午後3時ごろにマーケットに現れることが多く、その買いによる上昇が海外市場にも引き継がれました。

そして、翌朝になると、前日より高くなって戻ってくる相場を見て、香港・シンガポール勢がコレクション(correction、調整)を狙って、売り込んできましたが、東京勢は、機関投資家がまだ買いたいのがわかっていましたので、香港・シンガポール勢の好きなように売らせていました。

そして、午後3時になると、再び機関投資家がマーケットに現れ、大量にドルを買っていきましたので、香港・シンガポール勢は、たまらず損切り的に買い戻していました。

そうした繰り返しが続く中、相場がさらに上昇していくと、上がるという買い方の確信は高まり、だんだんと加熱感を帯びていきました。

最終局面ともなると、1日で10円の上昇を見るに至りました。

この時、ずっとドル/円ロングで来た私も、さすがに過熱感とともに達成感を感じ、もっていたロングをすべて売り払い、さらに相場がピークアウトしてきたところを売ってショートポジションにしました。

このショートポジションは、ほんとに1円も抜ければいいなといった気楽なポジションでした。

そして、実際、1円下がったところで利食いましたが、そこからの急落にはびっくりでした。

150.33近辺の高値をつけた後、大手の証券会社が大きく売ったこともあり、マーケットはオーバーボート(買い過ぎ)となり、なんと136円台まで急落し、多くの犠牲者が出ました。

つまり、相場に未来永劫上がることもなければ、下がることもありません。

ある程度、儲かれば、着実に利食うことを忘れてはなりません。

トレーダーは、相場に生かされているのだと思います。

b491

先週の為替は113円台から112円へと少し円高になりました。
週末は約112.6円で終わりました。

先週水曜日に、それまでじりじり円安が進んでいたのが突如、腰折れ。
背景には、今後、アメリカの追加利上げの前提となる物価上昇が鈍化していることが明らかとなったことや、当局の雇用情勢についての強気な見方がやや控えめに修正されたことなどが挙げられます。

ただ、円安が腰折れたと言っても、113円から112円へと1円ほど円高に動いただけ。
「112円台(特に112円台前半)に強めのサポート帯がある」と連日申し上げておりましたように、結果的に、先週木曜から金曜にかけて円高がさらに進もうかという動きも、112円台前半の水準で強力に食い止められました。

さて今週の見通しについて。
引き続き、注視すべきは112円台前半に位置している強めのサポート帯。
今週また円高に傾いたとしても、まず、その112円台前半では下支えされやすいと思われます。

しかしながら、万が一、そのサポート帯(112円台前半)を下方に突き抜けるようなことになりますと、この年末あるいは年明けにかけて円高の動きが加速する可能性が高まります。

具体的には110円近辺から一時的には110円を割れて109円台に突入するくらいの円高が想定されます。

長らく注目しておりますユーロ円。
今年9月から上下幅約3円以内(下限131円台後半~上限134円台前半)という、とても狭い範囲のレンジ相場が続いています。
これほど狭いレンジ相場が3カ月も続いており、もうそろそろ上下どちらかに大きく動くだろうとの見方をしてよいかと思いますが、なかなかレンジから抜け出しません。

先週末は132円台。
状況的には、この先、レンジの下限を下抜けるシナリオは十分に考えられるかと思います。
最近のドイツなどユーロ圏の経済指標は特に悪くありませんので、経済的な悪材料はあまり見当たらないのですが、たとえば、オーストリアで極右政党が連立政権入りで合意したことなどがEUの足並みを乱すマイナス材料として働く可能性などは考えられるかもしれません。
もしも、過去3カ月のレンジから下方に完全に崩れた場合、最大で今年6月にユーロ大幅上昇が始まったときの起点(122円前後)へ戻るシナリオが浮上します。

今日のバイナリーの取引結果になります

4勝0敗 150000円でした!

t475

究極の投資法に興味のある方は是非メルマガ登録してくださいね!

メルマガではブログには書けない究極の投資法の詳細をお届けしてます!

メールアドレス (必須)