黒が白

相場の世界では、その時々の相場状況によって材料の捉え方が変わります。

たとえて言えば、黒のものが黒である時ばかりではなく、黒のものを白と解釈することもあるということです。

その原因はその時のマーケットセンチメントであり、マーケットポジションによります。

相場を見ても、ドル高円高相場になったり、ドル安円安相場になったり、単純にドル売り相場になったりと、コロコロと変わっています。

しかし、釈然としないからと言って、それは違うと反対しても、マーケットがその論理で動いている以上は、その時のマーケットに自分を合わせていく必要があります。

ただし、皆が誤解しているのに気づいた場合は結局は、大々的な相場の転換となって、解釈が修正されることもありますので、日頃から、マーケットセンチメントのうつろいをできるだけ把握しておく必要があります。

このように、マーケットは生き物なのだと思っています。

どんどん変化していくのがあたり前だと思って、マーケットを見ることが大事だと思います。

b300

為替は再度110円台に突入しました。

最近の円高の動きについて。

先週から今週にかけて、まず、112円~111円へ円高が進んだことについては、
完全に、短期予想が的中した形になりました。

当初111円台でしばらく下支えされるのではないかと思っておりました。

理由は、今年1月以降のレンジ(111円~115円)の下限でもあるからです。

しかし、一昨日、昨日と、あっさり111円を割れて110円へと円高がじわじわ進行する流れになっています。

こうなりますと注意したいのは、連日書いておりますように、今年1月以降のレンジを完全に下抜ける動き。

これまで蓄積された相場エネルギーがそれなりに大きいだけに、中期的にしっかりした円高トレンドへと拡大する可能性があります。

短期的には反発することもあるでしょうが、具体的には昨年11月のトランプ相場の起点、すなわち106円前後へ回帰する流れが本格化するシナリオは現時点ですでに、起こり得るといって良いかと思います。

ユーロ円も、下方へ崩れる兆候が出始めていることを指摘しましたが、120円を割れています。

これも中期的には、トランプ相場の起点でもある116円あたりを目指す展開を想定しています。

そしてポンド円。
138円~139円あたりで粘っていますが、引き続き、中期的には大きく崩れて、ざっくりいえば130円あたりへ大きく値を戻す展開を想定しています。
今日のバイナリーの取引結果になります

3勝1敗 62500円でした!

t286

究極の投資法に興味のある方は是非メルマガ登録してくださいね!

メルマガではブログには書けない究極の投資法の詳細をお届けしてます!

メールアドレス (必須)