Once a dealer, always a dealer.

「ひとたびディーラーになったら、ずーっとディーラー」

これは私の好きな言葉です。

この言葉はA.C.I.という、国際的な外国為替ディーラーの親睦組織の合言葉です。

私は今のところそういう人生を、数十年間送ってきました。

正直に申し上げて、ラッキーだと思っています。

振り返れば損したり得したりいろいろなことがありましたが、相場と対峙するということはとどのつまり、自分自身と対峙するということに尽きると思います。

相場は自分自身の欲望と恐怖との戦いです。

100%勝てる人はいません。

勝ち幅を大きく負け幅を小さく勝率を高くするためには、結局は腹八分を良しとし熱くならず、いつでも相場はあるさと割り切って下りるべき時は下りる、もしくは相場を静観できるかで、決まってくると思います。

相場にスリルを求められる方もおられるでしょう。

それが良くないとは決して申しません。

ただ大方の皆様にとってリターンを追及する投資としての外国為替トレーディングだと思いますので利益を稼ぎ出しそれを蓄積することが、あるべき姿だと私は思います。

その上に相場を楽しんでやれれば、もう言うことはないと思います。

相場に忍従するのではなく、気楽に楽しむということが実は、儲ける秘訣ではないかと思う今日この頃です。

b105

イギリスのEU離脱問題とは関係なく、円高の流れは変わりません。

本日再度103円台まで円高が進みました。

イギリスがEUから離脱するか残留するかを問う国民投票。

先週は各種世論調査において離脱派が優勢となり、リスク回避的な動きから世界的に株安、為替は円高が進みました。

週末の調査では残留派が巻き返して、ほぼ互角または残留派やや優勢との報道があり、
世界的に株価が急反発しました。

しかし為替相場は反発力が鈍く昨夜また円高が進んで、今朝は再び103円台に突入したといった流れです。

円高メドについては引き続き102円前後(103円から最大で101円台に差し込む可能性も)との見方を維持します。

イギリスがEUから離脱することが決定的になった場合、瞬間的にその円高メドよりも行き過ぎることがあるかもしれません。

ですが比較的短期間で戻ってくると思われ、どのようなシナリオになろうとも、最大で102円前後との見方は変わりません。

私たちがチャート分析に基づいて今月、円高を予想した根拠になっている円高エネルギーは、順調に放出されつつあるとの見方になります。
今日のバイナリーの取引結果になります

3勝1敗 62500円でした!

t095
究極の投資法に興味のある方は是非メルマガ登録してくださいね!

メルマガではブログには書けない究極の投資法の詳細をお届けしてます!

メールアドレス (必須)