主役と脇役

相場により、主役通貨と脇役通貨があります。

やはり、主役通貨はセンターステージ(舞台中央)で観客(マーケット)すべての視線を浴びているだけのことはあって、大きな調整があったり、急落急騰があったりと、動きも派手で相場をリードします。

脇役通貨は、主役通貨に付き従おうとするものの、観客の視線を浴びるのもたまにのことで、ほとんどは、埋もれています。

主役通貨は、他の通貨の先陣を切って動くため、ともするとその活発な動きにマーケットがついていけず、出遅れている脇役通貨で、ポジションを張ろうとするマーケット参加者も出てきます。

しかし、脇役通貨には、脇役通貨に甘んじざるをえない理由があり、リスクとリターンを考えると、あまり儲からないのが一般的です。

やはり、主役通貨で勝負することが、一番パーフォマンスが良いと思います。

主役通貨でポジションを持つのに勇気がいる局面がありますが、「振り下す刃の下ぞ地獄、飛び込んでみよ。極楽もあり」と酒田五法でも説いていますように、ここ一番では、捨て身になって主役通貨と真っ向勝負することも、また必要です。

尚、今の主役通貨はどれなのか、日頃からアンテナを張っておくことが大事です。

また、主役通貨とどの通貨とのペアが、一番効率的かも見逃さないようにしなければなりません。

為替は予想通り、円高。
110円台前半の水準まで円高が進んでいます。

解説してきました通り。
先週は、「112円を少し超えたあたり」にある強力な抵抗帯で円安の動きがピタッと止まって反落。

さらに週末には、「111円近くの水準」での非常に重要な攻防があってその水準を割り込みました。

その結果、今週始めの記事で書きましたように「円高が進行することは、ちょっと避けられない状況」と見ています。

引き続き、109円台前半~108円台後半あたりへ円高が進む可能性が高いとの見方を維持します。

NYダウ株価も予想通り。

昨夜ついに、予想通り2万1900ドルに到達しました。
短期的にはもうだいぶいいところまで来ており、
そろそろ調整(反落)が入ることも想定される状況ではないかと思います。

今日のバイナリーの取引結果になります

3勝1敗 62500円でした!

t379

究極の投資法に興味のある方は是非メルマガ登録してくださいね!

メルマガではブログには書けない究極の投資法の詳細をお届けしてます!

メールアドレス (必須)