気楽な気持ちが大切

長時間、トレーディングをすることがありました。

私の場合、36時間ノンストップでやったことがあります。

しかし、その実際は、損失を出してしまって取り返そうとするもので、決して誇れたものではありません。

トレーディングがうまく行っているのなら、なにも、そんな長時間、スクリーンにかじりつく必要はなく、さっさと利食ってしまえば良いわけです。

トレーディングには、自分を痛めつけることで、トレーディングをしているという実感を持つことが多いように思います。

アゲンストのポジションを持って、攻められ苦しめられたり、フェーバーなポジションを持ちながら、相場のアヤで、このトレンドで大丈夫なのかと思い悩んでみたり、そうした苦しみを経てこそ、はじめて、念願成就するという修行僧にも似たところがあります。

ただ、私は、苦しめられて初めて相場とは思っていません。

アゲンストになれば、とっとと撤退し、フェーバーなら、欲をかかずに利食うという、もっと気軽な気持ちでトレーディングすることが、心身の疲労度も軽減でき、より多くの収益チャンスを得ることができるものと思われます。

気楽にやることが大切だと思います。

b461

為替は先週も大きな値動きはなく114円でした。

先々週から短期的な方向性は円安だと判断してきました。
114円までは円安が進んだのですが、そこからが重たいです。

ただ、チャート分析における相場エネルギーを精査しますと、今回は、115円に届くくらいの潜在力はありますので、引き続き、今週も115円到達を期待したいところです。

ただ先週も書きましたが、あまりにこの114円前後の水準でもたもたした状態が繰り返されますと、ちょっと攻め疲れのような雰囲気になって、だらりと反落するケースもしばしばあります。

その際に、注目される下値サポート帯は113円台前半。
その水準を上回っている限り、円安トレンド継続で問題なし。
しかしもし、サポート帯を割り込むような形になりますと、また短期的な方向性が下向きに転じますので要注意です。

先週、注目通貨として掲げたユーロ円についてはすみませんでした。

132円の水準が非常に重要であると位置づけてきて、先々週末にその重要水準を割り込んで、ユーロ安が拡大する可能性があると予想したのですが、残念ながら、あっさり元のレンジに戻ってきました。

現状判断としましては、チャート分析においては微妙ながら下落シグナルが点灯した後、一時的に戻っている状態であり、方向性はまだ下向き。

ということで、引き続き、ユーロ安(円高)を予想。
9月後半以降の高値圏(132~134円台)で蓄積された相場エネルギーは比較的大きなものになっており、この先、やや大きな相場変動につながる可能性があるのではないかと見ています。

今日のバイナリーの取引結果になります

3勝1敗 62500円でした!

t445

究極の投資法に興味のある方は是非メルマガ登録してくださいね!

メルマガではブログには書けない究極の投資法の詳細をお届けしてます!

メールアドレス (必須)